「できる男」は知っている カジュアルのドレスコードプレゼンスコンサルタント 丸山ゆ利絵

■「できる男」が知るべきカジュアルのドレスコード

わたくしは、スーツを着こなすための「スーツ塾」を開いていることもあり、仕事でお会いした方から「日本のビジネスマンに『スマートカジュアル』を教えてあげてくださいよ」と言われることがたびたびあります。

「スマートカジュアル」は割とポピュラーなドレスコードのひとつです。

しかし、ドレスコードといっても以前「できる男の変身術 夜はちょい足しエレガント」で話した「エレガントビジネス」と同様、公的なものではないので、はっきりしたルールは存在しません。あえて表現するなら「TPO感覚を持ったキレイ目カジュアル」というところでしょうか。

その解釈にはかなり幅があり、以下のようなやや趣の異なる幾つかのスタイルを包括した概念のように思えます。

(1)デートなどにも向いた、清潔感のあるしゃれた紳士風カジュアル

(2)ビジネスにも対応できる真面目な雰囲気のカジュアル

(3)比較的きちんとした場所でも見栄えがよい、上質感漂うカジュアル

(1)を狭義の「スマートカジュアル」、(2)を「ビジネスカジュアル」、(3)を「エレガントカジュアル」と呼びます。

夏らしいリネンなどの素材のチーフ

最近ではホテルのメインダイニングでもドレスコードを「エレガントカジュアル」とするところが多くなりました。ここにも世界的なカジュアル化の傾向が表れているというところでしょうか。

「スマートカジュアルのことを教えてあげて」などと話されるのは、大抵が海外勤務経験者です。海外での生活を経た視点からは、日本人の装いの多くはTPOへの配慮が欠けてみえるのでしょう。特に、だらしなくみえるカジュアルを憂えている人も少なくありません。

ビジネスシーンをはじめ、さまざまなお付き合いがあるのが「できる男」です。そんなあなたには、スマート、ビジネス、エレガントの「3つのカジュアル」をぜひ頭に置いていただきたいものです。

撮影協力:阪急メンズ大阪

<< スーツスタイルは3色が上限 「引き算」で統一感を
そのカジュアル、大丈夫? 3つのドレスコードを知る >>

丸山ゆ利絵
ホテル西洋銀座やアークヒルズクラブなどを経て2010年、経営者などに「ふさわしい存在感」の演出方法を助言するコンサルティング会社、アテインメンツ(大阪市)を設立、代表に就任。15年、ビジネスマンに正しいスーツの着方を指南する「スーツ塾」を開講。 著書に「『一流の存在感』がある人の振る舞いのルール」(日本実業出版社)など。

「できる男のスタンダード講座」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019