健康・医療

日経ヘルス&メディカル

認知症の原因は脳のゴミ 40代なら知るべき基礎知識 40代から始める認知症対策(上)

日経ヘルス

2018/5/7

(イラスト:谷小夏)
日経ヘルス

 40代からのメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群、メタボ)対策が、60代以降のアルツハイマー型認知症の予防に重要だとわかってきた。アルツハイマー型認知症の予防法から、治療、家族の心得までを紹介する。1回目は認知症のメカニズムについて見ていこう。

◇  ◇  ◇

 認知症になると、もの忘れを中心に、日付の混乱、理解・判断力、やる気の低下などが起こる。認知症にはいくつかのタイプがあるが、「最も多いのはアルツハイマー型認知症で、認知症のうち、6~7割を占める」と慶應義塾大学医学部神経内科の伊東大介医師は話す。この最も多いアルツハイマー型認知症(以下、認知症)に対して、発症のメカニズムの解明や予防策の研究などが世界中で進められている。

 「発症は65歳以上に多い。初期の主な症状はもの忘れ。通常、旅先で食べた物を忘れてもヒントを聞いて思い出せるが、認知症の場合は、旅行に行ったこと自体を忘れてしまう」(伊東医師)。また、昔の記憶は保持されるが、新しいことを覚えられなくなっていく。

 横浜相原病院の吉田勝明院長は、「認知症では、100から7ずつ引く計算ができなくなる。これは、最初の答えである『93』を覚えていられず、『そこから7を引く』ことができなくなるため」と話す。

 こうした症状は、脳にβアミロイドという「脳のゴミ」がたまり始めることが原因だ。

健康・医療

ALL CHANNEL