まだ糖尿病予備群 それでも心筋梗塞リスクは上がる?

日経Gooday

正解は、(1)ホントです。

健診結果がどうなったら糖尿病? どこからが予備群?

平成24年(2012年)の国民健康・栄養調査によると、「糖尿病が強く疑われる者(糖尿病)」は950万人、「糖尿病の可能性を否定できない者(糖尿病予備群)」は1100万人に上ると推定されています。

健康診断の結果から「糖尿病の予備群ですね」と告げられても、「今は忙しいし、もう少し様子を見ても大丈夫かな……」と放置してしまう人が多いかもしれません。ところが、近年の研究では、糖尿病と診断される一歩手前の「糖尿病予備群」の状態でも、突然死につながる危険性が高まることが分かってきています。

「空腹時血糖値」と「2時間後血糖値」に着目した場合、糖尿病と糖尿病予備群の診断基準は図1のようになります。

糖尿病治療ガイド2016-2017を基に編集部で作成

「空腹時血糖値」とは、文字通り空腹時に測る血糖値で、会社などで毎年行われている健康診断で測定されます。また「2時間後血糖値」とは、空腹時血糖値を測った後に、75g相当のブドウ糖が入った試験用飲料を一気に飲んでから2時間後の血糖値を調べたもので、これは人間ドックのオプションに多い検査です。

空腹時血糖値が126mg/dL以上もしくは2時間後血糖値が200mg/dL以上のいずれかに当てはまると「糖尿病」と診断され、空腹時血糖値110mg/dL未満かつ2時間後血糖値が140mg/dL未満の両方を満たすと「正常」と診断されます。そして、正常でも糖尿病でもないが、糖尿病の一歩手前の状態を糖尿病予備群と言います。

糖尿病専門医で船橋市立医療センター代謝内科部長の岩岡秀明さんによると、「糖尿病予備群は、血糖値が高めであるものの、まだ本当の糖尿病の域には達していない。ここできちんと対策を始めるかどうかが悪化を防ぐカギになります」という。

糖尿病予備群も「心筋梗塞など死亡リスク」が2.2倍!

「糖尿病により血糖値が上がると、全身の血管が傷つきさまざまな合併症を引き起こします。目や神経、腎臓への合併症は、細い血管がダメージを受けることにより生じます。これらの合併症は糖尿病を発病してからゆっくり発症します。むしろ怖いのは、それよりももっと早い『予備群』の段階から起こる、動脈硬化の進行による心臓病などのリスクです」(岩岡さん)

詳細なメカニズムはまだ解明されていませんが、高血糖によって活性酸素が産生されると全身の血管内で慢性の炎症が起こり、血管内皮の壁が固くなったり血液が流れる部分が狭くなる「動脈硬化」が起こり、心筋梗塞につながると考えられています。この動脈硬化による心臓病のリスクは、糖尿病が発病する前の予備群の段階から高まっているのです。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント