新レッツノート「SV」 進化点は顔認証とUSB充電戸田覚のPC進化論

日経トレンディネット

新登場の「レッツノートSV」は12.1型液晶を搭載する定番モデルだ。実売価格は24万3000円から
新登場の「レッツノートSV」は12.1型液晶を搭載する定番モデルだ。実売価格は24万3000円から
日経トレンディネット

ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田覚氏が、パナソニックのレッツノートの新シリーズ「SV」をレビューする。ビジネス向けモバイルノートPCの定番であるレッツノートはどのように進化したのか。前機種の「SZ」を愛用している戸田氏の意見はいかに。

◇  ◇  ◇

パナソニック「レッツノート」シリーズの売れ筋は、12.1型液晶を搭載するモデル。定番は「レッツノートSZ」で、僕も愛用している。その人気シリーズの新機種が登場したのでレビューしていきたい。

新登場の「レッツノートSV」はボディーが一新されている……と言っても「ん どこが違うんだ?」と思うだろう。僕も最初はそう思った。ところが、実際には外装もほぼすべてが変わっている。光学ドライブの位置が変更されてるし、LEDの位置も異なる。ディスプレー部分も微妙に手が加えられており、ちょうつがいの形状も違う。

本体の重量も微妙に重くなっている。最軽量モデル同士でレッツノートSVとレッツノートSZを比べるとSVが999g、SZが929gで70gの差がある。この差が生まれた理由はいくつかあるが、最も大きいのがクアッドコアCPUを搭載したことだ。前機種と比べて処理性能が1.3倍になっているとのことだが、単にクアッドコアCPUを搭載しただけでは性能をフルに引き出せない。放熱などに配慮した結果、重量が増してしまったわけだ。

70g程度なら気にならないという人も多いだろう。だがレッツノートファンの僕は、微妙にがっかりした。軽量化とは言わないまでも、せめて同じ重量に収めてほしかったところだ。

左の黒いモデルが「レッツノートSZ」。新登場の「レッツノートSV」は色以外はほとんど変わらないように見える
バッテリーの状態などを示すLEDの位置も並び順も違う

顔認証対応カメラを搭載

レッツノートSVが搭載するディスプレーは12.1型で、解像度は1920×1200ドットとなっている。いわゆるフルHDとほぼ同じだが、最近は高解像度のモバイルノートも多いので物足りないと思うかもしれないが、実用上は十分な解像度だろう。4Kレベルまで解像度を上げたとしても、それでは文字が小さくて見づらくなってしまうのだ。

液晶は例によってアンチグレアだ。反射が抑えられており、明るい屋外でも見やすい。仕事で使うパソコンは、動画や写真がきれいなものより、文字が見やすいものであるべきだ。外出先で使うことを考慮すれば、モバイルノートの液晶はアンチグレアが絶対条件だと断言できる。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
光学ドライブは必要だろうか?
MONO TRENDY連載記事一覧