巨大湖が消える… 温暖化と過剰な取水で渇水が加速

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

南米ボリビアにあるポーポ湖は、かつて国内2番目の広さを誇っていた。だが、今はもうない。東京23区の5倍ほどの面積に匹敵する湖の水が、消えてなくなったのだ。同様に、世界各地の湖が、温暖化や水の使い過ぎが原因で枯れようとしている。水不足や汚染、鳥や魚の生息域の喪失は深刻さを増すばかりだ。湖の恩恵を受けてきた動物や地元の住民たちに未来はあるのだろうか?

「気候変動はあらゆる地域で確認されていますが、湖に与える影響はさまざまです」と話すのは、米イリノイ州立大学の水域生態学者キャサリン・オレイリーだ。たとえば中国東部の太湖では、農業排水や生活排水が流入し、シアノバクテリアが大繁殖している。さらに水温の上昇が拍車をかけ、200万人の飲み水が脅かされている。

東アフリカのタンガニーカ湖では、水温の上昇で漁獲高が減った。この湖で捕れる魚を食べて暮らしている人は周辺4カ国に数百万人もいて、その生活は危機に直面している。一方、パナマ運河は、エルニーニョ現象に伴い雨不足にたたられている。そのため、運河をつなぐ人工のガトゥン湖は、閘門(こうもん)を開閉して船を通すことも、飲料水の供給も難しくなりつつある。