MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

盗まれるカード番号 身に覚えがなくても要注意 ネット社会の歩き方

2018/2/14

イラスト:三井俊之

オンラインショッピングの普及でクレジットカードが不正に利用されることも増えている。落としたり盗まれたりしたことがなくても不正利用の被害に遭うことは珍しくない。こころさんにもカード会社から電話がかかってきた。海外で使われたというのだが……。

◇  ◇  ◇

こころ 先日、クレジットカード会社から「●月×日に海外のオンラインショップでお買い物をされましたか」という連絡がありました。全く心当たりがなかったので「いえ、買い物はしていません」とこたえたところ、「クレジットカードが不正利用された可能性があるため、調査します。また、クレジットカードは再発行します」といわれてしまって……。

びっくりしてそのまま電話を切ってしまったのですが後から「いくら使われたんだろう?」「支払いしないといけないのかな」など心配になって。不安でいっぱいなんです。クレジットカードを落としたことも、盗まれたこともないのですが、それでも不正利用されることがあるのですか?

増加するクレジットカードの不正利用。特に番号を盗まれるケースが急増している(出所:一般社団法人日本クレジット協会)

博士 クレジットカードの不正利用による被害は年々増加しており、誰もが巻き込まれる可能性がある犯罪となっています。特に増えているのが番号を盗まれて使われてしまう被害です。カード本体が手元にあっても、カード情報が窃取されてしまえば不正利用されます。

セキュリティーを強化するため、クレジットカード会社などは対策を続けていますが、カード番号と有効期限だけ分かれば利用できるオンラインショップもありますしね。

また、クレジットカード会社の会員サービスに不正アクセスして、カード情報を詐取したり、プリペイドカードを作成したりするということも行われています。数千円や数万円程度の少額の支出を繰り返すことで、クレジットカード会社の監視をすり抜けることも少なくありません。ですから、クレジットカードを不正利用されていても、気がついていないというケースもあるでしょう。

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL