フリマアプリで断捨離 ニーズ探り、時期を見極める

PIXTA
PIXTA

家の片付けをすると不用なモノが続々と出てくる。だが、単純に処分するのは惜しい。インターネット上のフリーマーケットや買い取りサービスを使ってお金に換えるときの秘訣を、節約アドバイザーの丸山晴美さんに聞いた。

◇   ◇   ◇

「今の50代は若い頃にモノをたくさん買った世代で、家が物置化している人が多い。子どもが巣立った後、またモノを増やす人もいる」と、節約アドバイザーの丸山晴美さんは話す。

クローゼットに眠っていた服や本棚を占領していた本、しまい込んでいた子供のおもちゃやゲームソフト。これらは価値があるうちに処分したほうがいい。売る方法としては2つの選択肢がある。

丸山さんは「まとめて処分し、即日すっきりしたいときは買い取りサービス。多少時間がかかってもできるだけ高く売りたいときは、フリマアプリを使うといい」と話す。

大量の品物が毎日アップ

フリマアプリは、出品するのが簡単で、自分で価格設定をできるのがメリット。ただし、毎日、大量の品物が新たにアップロードされるサイトで購入者の目に留まるためには、手間と工夫が必要だ。基本的にはスマホで「メルカリ」「ラクマ」などのアプリをインストールして、住所や入金方法などを登録。あとは売りたい商品を撮影し、商品情報や価格を入力していくことになる。

品物の写真をきれいに撮り、問い合わせに対するレスポンスを早めるのが、高く売るためのポイント。忘れてはいけないのが買い手のニーズを探るマーケティングだ。「フリマアプリを使う人たちの中心は20~30代。この世代が買うか、いくらぐらいなら売れるかをリサーチすることが大切。自分の子に意見を聞いてもいい」と丸山さん。作業自体を任せてしまう手もある。

丸山さんによると、グッチやエルメスなどのブランド品、レゴやプラレールなど、定番のおもちゃや知育玩具はニーズが高いという。パソコンやスマホ(SIMカードは外す)などのデジタル機器は、壊れていてもジャンク品として売れる可能性がある。

買い取りなら一気に処分

不用品処理でより簡単なのは、一気に処分が可能な買い取りサービスだ。店頭に持ち込んでも、箱に詰めて送っても、すぐに査定されてお金になる、という手軽さが魅力。ただし「服の場合はまとめて“はかり買い”になることもあるなど、価格が低くなることは否めない」という。そしてこのサービスを利用するには「時期」が大切だ。

MONO TRENDY連載記事一覧