森下仁丹の「第四新卒」 年齢経験不問で倍率220倍森下仁丹 経営企画室 磯部美季さん(上)

森下仁丹 経営企画室 広報・マーケティング担当部長の磯部美季さん(左)と「第四新卒」で入社した人事部の永田愛子さん(写真:吉村永、以下同)

「オッサンも変わる。ニッポンも変わる。」──、森下仁丹は「第四新卒」として、中高年の幹部候補社員を募集する求人広告を掲載、人材不足の中で2200人が応募し大きな話題となりました。その応募条件は年齢や職歴を問わず、やる気があることが基準。中高年から多数の応募がありました。募集に至った経緯やその狙いについて、経営企画室の磯部美季広報・マーケティング担当部長に伺いました。

駒村社長の入社が、経営危機脱却の鍵に

白河桃子さん(以下、敬称略) 「第四新卒」というネーミングが素晴らしいですね。働き方改革について経営者と対話していても、「中高年の活躍」をどう推進するかが、彼らの重要課題だったりします。

磯部美季さん(以下、敬称略) 当初、「第三新卒」でもいいかと思ったのですが、調べてみると、すでにポスドク(博士研究員)の方たちの採用が第三新卒と定義されているそうで。そこで、「第四新卒」という言葉を作りました。

白河桃子さん

白河 その募集が人材難の中2200人の応募という結果になったんですね。第四新卒の広告に、森下仁丹の駒村純一社長が出ていらっしゃいましたね。駒村社長ご自身も三菱商事で主に化学部門を歩まれた後に2003年に執行役員として入社、2006年に社長に就任されてからドラスティックな改革をされた。転職時点で53歳です。その経験が今回の第四新卒募集につながっているのでしょうか。

磯部 駒村が入社した時、当社は30億円の赤字を計上していて、潰れかかっていました。銀粒仁丹の売り上げのピークは1982年。そこからびっくりするほど業績が落ちていったのです。80年代に欧米文化が流れ込んできて、ミント系のガムがどんどん海外から入ってきました。その後は日本でもミント菓子などの商品が出てきて、どんどんシェアを奪われたというわけです。

駒村が入社する以前の当社は典型的な老舗企業で、中途採用の社員はほとんどおらず、生え抜きが多くを占めていました。その状態ですと、新しいことにトライする意識もありません。業績の悪化によって、優秀な人材ほど、早いうちにこの会社を去っていきました。

駒村はそんな状況を見て、「こんなことじゃいかん。新しい人材を入れて立て直さなければダメだ」と。その頃から中途採用を増やし始めました。今では社内の半数くらいが中途採用で入社しています。私も、その頃に中途入社した一人です。

白河 社長もそうですが、中途人材は抵抗なく受け入れられたのでしょうか。老舗ですし、摩擦もあったのでは?

磯部 正直なところ、当社にもそのような雰囲気はありました。ただ、当時はすでに人材の流出があったので、「新しい人をどんどん入れていかなければならない」という空気もありました。