同じ無料動画でも異なる個性 AbemaTV 対 GYAO!動画配信サービス最前線(中)

自分に合った動画配信を選ぶには成り立ちやビジネスモデルを知ることが近道。今回はAbemaTVとGYAO!を取り上げる
自分に合った動画配信を選ぶには成り立ちやビジネスモデルを知ることが近道。今回はAbemaTVとGYAO!を取り上げる

黎明(れいめい)期を過ぎ、普及する段階に入っているはずの動画配信サービス。だが「それぞれのサービスのイメージはどれも似たようなもの」というイメージを持つ人も多いのではないか。しかし、群雄割拠の時代を経て、動画配信サービスも各サービス毎に独自性が出てきている。その独自性を把握するために、各社を訪ね、それぞれのビジネスモデルを探っていく。前回「お気に入りの動画配信は? Netflix 対 Amazon」に続き、今回は無料で動画を楽しめるAbemaTV、GYAO!に話を聞いた。

◇  ◇  ◇

AbemaTVのターゲットは10~30代

サイバーエージェントとテレビ朝日の共同出資により2016年4月に開局した「AbemaTV」。最大の特徴は、「インターネットテレビ局」であること。テレビのように複数チャンネルを有し、24時間編成された番組表に沿って無料配信する「リニア型」を採用している。2017年11月時点で2300万ダウンロードを突破するなど、新興の動画配信サービスでは急速に利用者数を伸ばしている。

AbemaTVの編成制作局長・藤井琢倫さん

急成長の背景にあるのは、他社のサービスとの差異化を図った点だろう。その一つが前述した「リニア型」だ。

「実は一番初め、HuluやNetflixのようなVODサービスを考えていました。しかし、弊社の藤田(晋:AbemaTV代表取締役社長)が、『自分で好きなコンテンツを探しに行くということが面倒だと考える人がいる。彼らは、たとえたくさんのコンテンツをそろえていても探すアクションすらしない。だとしたら、本当に良いものだけが流れてくるというモデルが次のスタンダードになるのではないか』という仮説を立てたのです」(AbemaTVの編成制作局長・藤井琢倫さん)。他社のサービスがレコメンドエンジンの精度を上げることに注力しているなか、異なるアプローチでユーザーの利便性を追求しているのだ。

インターネットテレビ局と称するだけに、藤田社長の仮説は非常にテレビ的。これはAbemaTVを立ち上げた理由にもつながってくる。「AbemaTVを作る発端になったのが、スマホばかりいじっていてテレビを見なくなった人たちに、もう1回面白いコンテンツを見てもらうことでした」。そしてAbemaTVはターゲット・ユーザーとして、テレビを見なくなった世代に絞り込んだ。「ターゲットはざっくり若い世代、10~30代がメインですね。最近では10代をターゲットにした番組を多く制作しています」。幅広い層を取り込もうとする動画配信サービスが多いなか、この考えは挑戦的であり、だからこそ独自性を打ち出すことに成功しているといえないだろうか。

「コンテンツの力が5割、宣伝力が5割」

自社のコンテンツを訴求するWeb媒体「Abema TIMES」

AbemaTVは自社のコンテンツを訴求するWeb媒体「Abema TIMES」を抱えていることにも触れておくべきだろう。藤井さんは「アプリを開いて、チャンネルをザッピングして、希望の番組までたどり着かせることは非常にハードルが高い。そのために、ソーシャル・メディア上で話題になるようなニュース記事を大量に生成して、『バズらせる』必要があります。プロダクト自体の力があることは前提ですが、コンテンツの力が5割、宣伝力が5割。それくらい宣伝を重要視しています」と、媒体の重要性を訴える。

インターネットは基本的に能動的なメディアだ。求めるものを探しにいく必要がある。しかし、AbemaTVはそこにテレビ的な考えを持ち込んだ。アプリを開けばそこに良い番組が流れている受動的なメディアだ。AbemaTVの急成長は、テレビを持たない世代、テレビから離れてしまった世代が、テレビ的な楽しみ方に再び(もしくは新たに)気が付き始めているからではないだろうか。

GYAO!は基本的に「無料で見られるサービス」

日本の動画配信サービスのなかでも古参のサービスである「GYAO!」。そもそもは2005年にUSENが立ち上げたサービス「GyaO!」に端を発しており、現在のサービスは2009年に「GyaO!」と「Yahoo!動画」を統合し、ヤフーとGYAOが運営を受け継いだものとなる。最大の特長は会員登録不要で無料のVODサービスであること。TVOD(都度課金)サービスも展開しているが、圧倒的に無料ユーザーが多いという。