出世ナビ

学校のリーダー

「良妻賢母大」が志願者4倍に 坂東真理子氏が奮闘 昭和女子大学の坂東真理子理事長兼総長

2017/12/9

昭和女子大学の坂東真理子理事長兼総長

 少子化や受験生の女子大離れが進むなかで、志願者数をこの10年で倍増させた昭和女子大学(東京・世田谷)。2017年入試の志願者数は大学創立以来最多となったという。原動力となっているのは、卒業生1000人以上の女子大で7年連続トップという実就職率(17年卒は95.5%)とグローバル化へのユニークな取り組みだ。仕掛け人は官僚時代に内閣府男女共同参画局長などを歴任し、大ベストセラー「女性の品格」の著者でもある坂東真理子理事長兼総長。かつての“良妻賢母育成校”はどう生き残りをはかるのか。

■女子大に男子生徒

 東急田園都市線三軒茶屋駅にほど近い昭和女子大キャンパス。平日の夕暮れ時に訪れると、英語で談笑しながら駆け回る下校途中の男子生徒たちの姿をよく見かける。その数、ざっと300人強。「なぜ女子大に男子生徒が。ここはインターナショナルスクールなのか」と一瞬、戸惑うほどだ。

 彼らはかつて昭和女子短大が入っていた建物に校舎を構える男女共学の「ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和(BST)」の生徒だ。英国のカリキュラムに基づいた義務教育が受けられる学校として06年に開校し、現在は8歳から17歳まで男女合わせて約630人の生徒が学ぶ。大半は英国出身で、国籍は日本も含め60カ国を超える。

2017年6月の共同記者会見で米テンプル大日本校の誘致を発表

 大学・大学院のほか、付属の小中高と認定こども園が集まるこのキャンパスでは現在、BSTを含め総勢約8300人が学ぶ。さらに19年秋には米ペンシルベニア州立テンプル大学の日本校、同大学ジャパンキャンパス(東京都港区、略称TUJ)が全面移転してくる。約70億円を投じて新しい校舎などを建て、TUJに貸す。

■女子大に米大が共存 

 移転してくるTUJの学生は大学院を含め約1400人。うち6割以上が欧米を中心とした外国籍だ。そんな学生たちと同じキャンパスでカフェテリアやスポーツ施設などを共有しながら日常生活を送り、両大学で単位互換など学習面を含めて交流するという。日米の大学がキャンパスを同じ敷地内に置くのは日本初の試みだ。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL