MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

防水など機能性が魅力 アウトドア名門の街着3選 特集 スポーツ&アウトドアをスマートに楽しむ最新アイテム 中編

2017/10/27

アウトドアブランドが作るタウンウエアが増えている

著名なアウトドアブランドから、街で着ることを想定した、新しいアパレルラインが続々登場している。特徴は、タウンユースのカジュアルウエアとしてのファッション性を備えながら、アウトドアフィールドで培ったノウハウやテクノロジーを服作りに生かしていること。ファッション性と機能性を両立したアウトドアブランドのタウン向けウエアを紹介する。

■野外フェスの浸透でアウトドアファッションが街へ

アウトドアブランドがなぜタウン向けアパレルを展開するのか。2016年9月に、登山やキャンプ向けウエアとは別ブランドの「コロンビア ブラックレーベル」を立ち上げた人気アウトドアブランド、コロンビアに話を聞いた。

「アウトドアで使用する防水ジャケットなどを街着にコーディネートすることは、最近では当たり前になってきています。そこで各メーカーが、タウンシーンになじむアイテムを提供するアパレルラインを広く展開するようになったのでしょう」(コロンビアスポーツウェアジャパン マーケティング部PR 内藤教之氏)

なぜアウトドアウエアを街着に生かす人が増えたのか。その理由の一つとして、内藤さんは野外の音楽フェス人気をあげる。

「野外の音楽フェスでは、過酷な環境に備えてアウトドアウエアを着用するのが当たり前です。フェスでアウトドアウエアを着用し、その快適性を知った方々が、街中でも自然と着用するようになったのだと思います」

コロンビア ブラックレーベルはデビュー時、メインに扱う店舗は原宿店のみだったが、現在は六本木、大阪や福岡にも出店している。ここからも注目度の高さがうかがえる。

「コロンビアはブランド誕生当初から、『家から一歩外に出たら、そこはアウトドアフィールドだ』という思いで製品作りを続けておりますので、ある意味自然な流れだと思っています」

今回は注目アパレルラインから3アイテムを紹介する。どれも街で着るのにふさわしいファッション性と、防水や収納力などの機能を併せ持っている。

■コロンビア ブラックレーベル/ビジネスでも使える全天候型

コロンビア ブラックレーベルの「QUANTICO POINT JACKET」(税抜き3万3000円)

コロンビアのタウンユース向けアパレルラインであるコロンビア ブラックレーベル。「コロンビア生誕の地・オレゴン州ポートランドの気風を受け継いだライフスタイルウエア」としてデビューした。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
ANA大型旅客機のA380でプレミアムエコノミー激増
日経クロストレンド
綾瀬はるかの「奇妙な踊り」が話題 江崎グリコの想
日経クロストレンド
日本独自のノース・フェイス モノづくりの真髄
日経クロストレンド
森永「大人向けラムネ」大ヒットの理由とは?
ALL CHANNEL