powered by 大人のレストランガイド

運動会には冷凍みかん? 持ち運びはタオルにくるんで秋の運動会の食べ物(6)

こんな食べ物も運動会に登場したそうである。技ありかな? 立ち見って、映画みたい。

ご意見 大運動会は日曜日に行われ、お昼は家族と一緒にお弁当。家族ごとにシートを広げて食べていましたが、校庭が狭かったため保護者席はとても小さく、しかも昼休みにブラスバンドやバトントワール、一輪車クラブの演技があって、出演する子どもの家族が見物&写真撮影するため保護者席でのお弁当は禁止。
それどころか保護者席はすべて立ち見でシートを敷いて座ることすら許されません。お昼には体育館が開放されるのでそこで食べる人がかなり多かったけれど、運動会のお弁当は青空の下で食べる主義の人たちは保護者席や生徒席の後ろの空きスペースにシートを広げて食べていました。
青くて酸っぱいミカンや冷凍ミカンはポピュラーなようですが、凍らせた缶詰ミカンは変わり種でしょうか? 密閉容器に缶詰ミカンを入れてふたをあけたまま冷凍し、当日朝にふたをしてタオルでくるんで持って行くとお昼にはシャリシャリのミカンシャーベット。うちのデザートの定番でした(にゃんももさん)
缶詰のミカン これを凍らせるとシャーベットに?=PIXTA

秋晴れの紫外線の下、立ち見は辛かったであろう。

自家製みかんシャーベットはよい。もちろん冷凍みかんも。保冷袋やクーラーではなくタオルにくるんで持っていったところもよい。

「運動会は給食だった」問題の提起者から。

ご意見 かわら屋とたん@神奈川さんの「昭和40年から46年まで神奈川県某市立小学校に通っておりました。1年生か2年生のころは『お弁当』で、途中から『給食』になったような記憶があります」を読んで、あっと思いました。
私が神奈川県某市立小学校に入ったのは、かわら屋とたん@神奈川さんが3年生か4年生のころで、どうやら私は歴史的転換点の後に入学したようです。
同じ神奈川県の別の某市の小学校に通っていた私とほぼ同年代の人によると、運動会は日曜で家からの弁当、雨の時は平日に順延で給食だったそうです(みなみ@神奈川さん)
運動会のお昼に給食が出るようになったのは昭和42~3年ごろ?=PIXTA

ベティー隊員なるほど とすると、私が入学したのも歴史的転換点の後なんだ。

やはりどこかに転換点があった。戦後ずっと給食というのは考えにくい。神奈川県某市の場合は昭和42~3年らしい。なるほど、あのころねえ。

「運動会のござ」問題。

ご意見 私の小学校時代、つまり40年以上前、敷物といえばゴザではなくムシロでした。そういえば、東京オリンピックのマラソンの応援で甲州街道沿いにいったとき沿道に敷いていたのもムシロだったような。選手が通るたびに立ち上がって応援した記憶があります。それから運動足袋は定番でした(後藤さん)
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド