MONO TRENDY

AVフラッシュ

有機ELテレビ比較 同じパネルでも際立つ4社の個性 大画面テレビの本命 有機ELテレビ最前線 後編

2017/10/4

小原 W7PシリーズはDolby Atmosという映画館でも使われている音響システムを採用しており、サラウンドの効いた、迫力ある音が出る。パネルとスピーカーを分離させることで、パネルの薄さだけでなく音響のクオリティーも獲得しているんです。

■テレビは「嗜好品」化が進む?

小沼 ちなみに小原さんが「ラ・ラ・ランド」を見るなら、どれを選びます?

小原 「ラ・ラ・ランド」に限定すれば東芝かな。僕はあの映画、好きじゃないですけど(笑)。新旧の映画全般という意味で万能なのはパナソニックだと思います。小沼さんが買うとしたら?

小沼 僕はソニーでしょうか。やっぱりデザインにひかれます。ただ最小の55インチでも僕の部屋には大きいなあ。もう少し小さいものがあればいいんですが。

小原 現時点では、古い液晶からの買い替えニーズに対応するのが先決なので、小型化するメリットがあまりありません。それでもゆくゆくは40型程度まで広がってくるでしょう。4Kや、4Kの次世代技術といわれるHDR(High Dynamic Range)に対する適合性という点で有機ELは大きなアドバンテージを持っています。最新の映像作品を有機ELでじっくり見れば、きっと小沼さんも大画面有機ELテレビがほしくなりますよ。

■生活必需品ではなく嗜好品に

 以上、4社の有機ELテレビを比較した。それぞれ個性はあるものの、どれも色彩表現の美しさ、大画面の迫力は共通して魅力的だった。

 しかし、大画面ゆえにサイズが大きく、一人暮らしの広くない部屋に置くことは想像しにくかった。小原さんの言うとおり、今後40型程度まで小型化したものが登場する可能性もあるが、大画面も有機ELテレビの魅力の一つ。そして、世界的にはそれが受け入れられている。

 前編で話を聞いたLGエレクトロニクス・ジャパンの金敬花(キム・キョンファ)さんは「日本はテレビから離れる人と、高画質で大型のテレビを持つ人と二分化していく」と指摘していた。今後、テレビは生活の必需品ではなく、嗜好品になっていくのかもしれない。

 嗜好品としての魅力は、VODのインフラが整備されることでも高まっていくだろう。その時、日本でも有機ELテレビの真価が問われることになりそうだ。

大画面テレビの本命 有機ELテレビ最前線
 前編 有機ELテレビを比較 パネルは同じでも際立つ個性
 後編 有機ELテレビ、メーカー別に得意分野をチェック

(ライター 小沼理=かみゆ)

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL