吉本がマジメ路線疾走? 法務省、国連などと次々連携

ペナルティーなど吉本の人気芸人が法務省のイメージ向上にひと役
ペナルティーなど吉本の人気芸人が法務省のイメージ向上にひと役

「お笑いの総合商社」とも呼ばれる吉本興業が、これまでのイメージを破るお堅い提携を次々と結び、話題になっている。法務省、国連、万博誘致や、北海道、福島など地方自治体と業務提携し、知名度向上や集客、情報発信などを支援している。いずれも先方から吉本に提携の申し入れがあった。吉本の大崎洋社長は「これまで例がない公的な機関と一緒に仕事をすることで、社員や所属芸人の意識も変わる。新しいビジネスにつながる」と意欲をみせている。

国連広報センター所長もステージへ

8月6日、北海道にしては暑い日曜日、横澤夏子、パンサーなど吉本の人気芸人と並んで、国連広報センターの根本かおる所長がお笑いイベントのステージに上がっていた。国連が進める「持続可能な成長目標(SDGs)」をテーマにした大喜利が始まると、芸人たちが繰り広げるギャグで会場は盛り上がった。SDGsとは、地球環境と人々の暮らしを持続的なものにするため、国連加盟国が2030年までに取り組む気候変動対策など17分野の目標のこと。なぜ国連の目標に吉本が関係するのか。

根本氏は国連広報部門のトップとして、SDGsが日本でなかなか浸透しないことに頭を痛めていた。一般人にも関心を持ってもらうにはどうしたらいいか。根本氏が飛び込んだ先が吉本だった。もともと関西人で吉本新喜劇を見て育った。吉本は身近な存在だった。大崎社長に直談判し、今年1月に提携が決まった。トレンディーエンジェル、オリエンタルラジオなど17組の人気芸人がSDGsの普及に一役買うことになった。

北海道盛り上げへ道と包括提携

そもそも根本氏が芸人たちと並んだステージも、吉本が北海道から請われて結んだ提携の産物だ。昨年3月、吉本と北海道は「北海道を盛り上げ、その魅力を国内外に発信する」ことを目的にした包括業務提携を結んだ。その具体策の1つが、8月8日までの4日間開いた「みんわらウイーク」というイベントで、SDGs大喜利もそのプログラムの一部だ。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
万博招致機運盛り上げへお笑いパワー活躍
エンタメ!連載記事一覧