女性

グルメ・トラベル

夏限定! 冷たい麺3選(下)[エスニック編]

2017/8/8

「冷製 海老とキーライムのフォー」(1166円、税込み)

 暑さと湿気で食欲が衰え、体調を崩しがちなこの時期。おすすめしたいのが、おいしくヘルシーな冷たい麺。「ヘルシー夏野菜編」に続き、第2回はたっぷりの香味野菜や美容食材、魅惑のスパイスを組み合わせたエスニック系をピックアップ。SNSで思わず投稿したくなる、おしゃれな麺も登場します。

■まるごとスイカを使ったぜいたくな冷たいフォー

 夏のフルーツの代表、スイカに注目したのが、人気のハワイアン・カフェ&ダイニング「アロハテーブル原宿」(東京・渋谷)の「まるごとスイカの冷製フォー」。そのビジュアルにまず目を奪われること必至。スイカを半分にカットして器にし、中にはトマトをベースにした真っ赤なスープとベトナムの米麺、フォーが涼しげに浮かんでいます。

アロハテーブル原宿「まるごとスイカの冷製フォー」(1166円、税込み)

 味わってみるとトマトベースの冷製スープが甘酸っぱく爽やかで、スイカの優しい甘みと絶妙にマッチ。添えられたハワイの辛味調味料、ホットチリソースをお好みで混ぜるとまた違った味わいが楽しめます。

 「スイカは水分豊富で低カロリーな上、ビタミンA、リコピンなどの栄養素を豊富に含んでいるので、アンチエイジングや疲労回復に効果があるといわれています。さらにはシトルリンというアミノ酸も見逃せません。むくみや冷え症など、オフィスの冷房によって体が受けるトラブルの改善にも役立ちます」(同店を運営するゼットンの広報担当、大城加奈さん)。8月31日までの期間限定で、原宿店の他、中目黒店、桜木町店、名古屋の店舗でも味わうことができます。

 「冷製 海老とキーライムのフォー」(冒頭の写真)は魚介ベースのうまみのあるスープに、爽やかなキーライムとショウガを効かせたさっぱり味のフォー。こちらも8月末までの限定です。

■デトックスハーブ、パクチーを使ったワザありの麺

 疲れた体にスパイシーな麺で活を入れたい! という人におすすめなのが「石庫門 オアゾ丸の内店」(東京・千代田)の「パクチー冷麺」です。クセのある香りでブームを巻き起こしているパクチーのソースをからめた鮮やかな緑色の麺に、蒸し鶏をトッピング。味の決め手は生唐辛子入りの甘辛プリックナンプラーという調味料です。ピリ辛ダレの刺激が後を引き、ぐんぐん食欲が湧いてきます。

石庫門 オアゾ丸の内「パクチー冷麺」(950円、税込み)

 パクチーは香菜(シャンツァイ)、コリアンダーとも呼ばれ、体内の毒素を排出する野菜としても注目を集めています。ベータカロテンやビタミンEも多く含まれますがどちらも強い抗酸化作用があり、アンチエイジングにも威力を発揮します。

 「パクチー冷麺は午後5時からの販売のみですが、これを食べるためにリピートしてくださる女性のお客様も多いんですよ」(同店を運営するラムラ広報担当 山口貴美江さん)。食べ終えた後にはうっすらと汗をかく爽快な辛さで、心地よく暑気払いができそうです。8月31日までの期間限定で、オアゾ丸の内店の他、御茶ノ水ソラシティ店でも食べられます。

■気分に合わせて好みの麺と味付けをチョイス

 もう一軒はグルメサラダの人気店が手掛けるヌードルショップ、「CITYSHOP NOODLE」(東京・渋谷)です。こちらの最大の特徴は、麺を中心にした自分好みのワンプレートディッシュが作れること。麺の種類や味付けをチョイスでき、セットのデリもすべてお好みでカスタマイズできるのです。

 選べる麺は5種類。鎌倉の「邦栄堂製麺所」とコラボしたケール麺、大豆やこんにゃくなどから作ったグルテンフリー麺「ZENパスタ」、ライスヌードル、豆腐を干して作る「豆腐干糸」など、どれもヘルシーでユニークな麺ばかりです。

 麺の次は「かえし/オイル」という、麺とあえるオイルと味付けを選びます。シグネチャーしょうゆ、オメガ3シーソルト、トムヤムやベトナミーズなど、アジアンエスニックな味付けも人気で、あれこれ悩むのがまた楽しいのです。

 そしてフレッシュな野菜や肉、魚などのメイン食材をハーブなどで調味したグルメデリを選び、最後にビーツで色付けしたボイルドエッグやハーブ、ナッツなどのトッピングを選んでオーダー完了。魅力あふれるチョイスで、どんなに食欲のない日でも、食べたい気分にピタッとハマる一皿が出来上がります。

CITYSHOP NOODLE「カスタムヌードル&2デリプレート」(1400円~)

 お値段はあえ麺とグルメデリ2品、トッピングを2つ選ぶ「カスタムヌードル&2デリプレート」で1400円から。グルメデリ3品の場合は1600円から(値段は料理内容によって異なります)。イートインの場合は、食前用の温かいべジブロスショット(野菜だし)が無料でサービスされ、午後5時までのランチタイムはお代わり自由のドリンクが付くなど、お得感たっぷり。

 ワンプレートで栄養のバランスも取れているため、青山近辺のオフィスワーカーたちで連日行列というのも納得できます。冷たい麺は期間限定ではなく、通年のメニュー。開店直後に訪れるか、ランチタイムをはずせば比較的落ち着いて食事が楽しめます。

 2回にわたり今夏注目の冷たい麺をご紹介しました。健康や美容にも役立つ冷麺で、夏バテをおいしく乗り切ってみてはいかがでしょうか。

※価格は特記がない限り税別です。

(取材・文 GreenCreate)

女性

ALL CHANNEL