熱中症対策 夏の運動時、水は1回にゴクゴクと9口で熱中症・脱水予防のために知っておきたいこと(3)

日経Gooday

「例えば野球では、敵の攻撃が終わるまで、炎天下のグラウンドに立ち続けなければいけない。その間は自由に水も飲めませんし、トイレにも行けません。熱中症予防のためには、特に練習中や練習試合などではルールをアレンジすることも必要でしょう」(渡部准教授)

WBGT(暑さ指数)を確認する

熱中症のリスクを判断するには、その場の環境を正しく認識するのが基本だ。そのためにWBGT(=Wet Bulb Globe Temperature)という数値を確認しておこう。日本語では「暑さ指数」と訳される。気温に湿度と輻射熱を取り入れた指標で、気温と同じ摂氏で表されるが、「一般に気温より3~4℃低くなります」と渡部准教授。

日本体育協会では、WBGTが31℃以上(気温35℃以上)の日は「特別の場合以外は運動を中止する」、WBGTが28℃以上(気温31℃以上)の日は「激しい運動や持久走などは避ける」ように指導している。

日本体育協会「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」(2013年)より

環境省では、熱中症予防情報サイト(http://www.wbgt.env.go.jp)で全国各地のリアルタイムのWBGT(暑さ指数)を子どもや体育館などの条件別にも発表している。これからの季節、スポーツをするときはぜひチェックしてほしい。

水は1回につき9口飲み込むのが目安

夏にスポーツをしていて具合が悪くなったら、まずは熱中症を疑おう。のどの渇き、被刺激性(イライラ)、頭痛とめまい、筋肉のけいれんや普段と異なる疲労感、吐き気といった症状は、熱中症の危険兆候だ。これらの症状を自覚したときは、すぐに涼しい場所に行って水分を補給してほしい。

スポーツ中に熱中症になった人を見つけたら、まずは直射日光を避けて日の当たらない涼しい場所へ運ぶ。氷水、エアコン、霧吹き、扇風機などを利用して、とにかく体を冷やすことが大切だ。

WBGTのチェックとともに、熱中症予防には水分補給が欠かせない。

「運動によって短時間で大量の熱が発生し、それに見合って汗もたくさん出る。運動中はもちろん、運動前からそして運動後にも積極的な水分補給が必要です」と渡部准教授。

ただの水でもいいが、理想は0.1~0.2%の塩分(市販の飲料では「ナトリウム:40mg〔100ミリリットル中〕」「食塩相当量:0.1g」などと表示)と4~8%の糖分を含んだ水。まず運動の前に250~500ミリリットル、運動中は1時間に500~1000ミリリットルの水を飲むといい。1回に飲む量を200~250ミリリットルとすれば、運動前に1回、運動中は1時間に2~4回飲むことになる。

「250ミリリットルは意外と多い量です。また、スポーツ活動で使う水筒は中が見えず、量が分からないことが多いです。ごっくん、と1口で飲み込む量が20~30ミリリットル程度。ごく、ごく、ごく……、と9口飲み込めば200~250ミリリットルになります。『ごっ9(く)ん』と覚えるとよいでしょう」と渡部准教授はアドバイスする。

前に触れたように、ゴルフやウオーキングなど、軽い運動でも油断できない。熱中症にならずに夏のスポーツを楽しみたければ、くれぐれもWBGTのチェックとまめな水分補給をお忘れなく!

渡部厚一さん
筑波大学体育系准教授。1989年、東京大学教育学部体育学健康教育学科卒業。95年、筑波大学医学専門学群卒業。筑波大学附属病院、国立病院機構茨城東病院(旧・国立療養所晴嵐荘病院)、などの勤務を経て、2006年に筑波大学講師に就任。2012年より現職。日本体育協会公認スポーツドクター、日本障がい者スポーツ協会障がい者スポーツ医。

(ライター 伊藤和弘)

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント