交渉が下手で心が折れそう 「YES」を引き出すコツは

駆け引きにはいくつかのパターンがある。覚えておいて損はない(c)studiostoks-123rf
駆け引きにはいくつかのパターンがある。覚えておいて損はない(c)studiostoks-123rf
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

「新年度から大きなプロジェクトのリーダーを任されたものの、他部署との交渉やメンバーとのコミュニケーションが思うようにいかず、心が折れそうになっている。自分の要求をうまく相手に承認してもらうためには、どのように働きかけたらいいだろうか」

これは食品メーカー勤務のある男性のお悩みです。4月に異動で職場が変わったり、新しい仕事を任されたりした人も多いかもしれません。新しい環境や仕事に慣れず、交渉ごとやコミュニケーションがなかなかうまくいかない人もいるでしょう。そこで上記のような悩みの対処法について、帝京平成大学現代ライフ学部教授の渡部卓さんに伺いました。

◇  ◇  ◇

交渉ごとやコミュニケーションがうまくいかない。そんなときにまず大事にしてほしいのが、自分の信念を持つことです。以前、「気付けばネガティブ思考 脱却に役立つABCDE理論って」という記事で、一面的な考え方の癖を直し、多面的な思考に変えていく「ABCDE理論」をご紹介しました。ABCDE理論の「B」は受け止め方や認知と解釈されていますが、もともとの「B=Belief」は直訳すると「信念」です。

「目標」「目的」を確立し、ぶれない軸を持つ

常に周りを気にして自分の意見を主張できない人や、交渉ごとで「NO」と言えない人などは、このBの受け止め方よりも、「A(Activating Event)」の出来事や、「C(Consequence)」の結果に注目しがちです。そうすると、本来なら自分の信念に基づいて、より良い思考(Rational Belief=RB)や行動に変えていくことが可能なのに、起こった出来事や結果に捉われてしまうのです。

信念は「目的」や「目標」と言い換えてもいいでしょう。自分は何のためにプロジェクトを推進しているのか、どのような結果を導き出したいのか。この軸を明確に持っていれば、交渉やコミュニケーションの場面でも、それに基づく判断や行動を示していけるはずです。信念がなければ、相手の言動や物事の結果に左右されてしまう一方で、信念が強すぎると、頑固になって、ひとりよがりなものになってしまうこともあります。信念を掲げるときには、「客観性・信頼性・妥当性」があるかどうかを常に意識することが大切です。

交渉にはさまざまな「型」がある

一方、交渉とはいわば「駆け引き」で、ある意味では個人的な感情とは切り離して、理知的に進めていく必要もあります。海外では大学やビジネスの場で、心理学を応用したビジネスコミュニケーション術を学ぶ機会がありますが、日本ではマーケティングやセールスに携わる人以外には、あまりよく知られていないようです。

交渉術にはさまざまな手法があって、日常的にもよく使われています。交渉に慣れていない人は、交渉の場でよく使われる「型」を知っておくと役立つでしょう。ここでは、代表的な2つの型をご紹介しておきます。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント