ケリー・マクゴニガル ストレスを武器に変える方法スタンフォードの心理学講義(2)

ケリー・マクゴニガル(Kelly McGonigal)。米スタンフォード大学の心理学者。専門は健康心理学。スタンフォード大学で最も優秀な教職員に贈られる「ウォルター・J・ゴアズ賞」をはじめ数々の賞を受賞。プレゼンの名手としても知られる
ケリー・マクゴニガル(Kelly McGonigal)。米スタンフォード大学の心理学者。専門は健康心理学。スタンフォード大学で最も優秀な教職員に贈られる「ウォルター・J・ゴアズ賞」をはじめ数々の賞を受賞。プレゼンの名手としても知られる
日経ビジネスアソシエ

前回「ストレスとうまくつき合う法」を解説しました。これまで私たちは「ストレスは敵だ」と思ってきました。実際、多くの心理学者や医師、科学者たちが、ストレスを目のかたきにしてきた。ストレスは多くの人を悩ませる危険な病気であり、どうにかして予防すべきだと、信じられてきたのです。

しかし私は、ストレスについての考え方を改めました。そのきっかけになった研究結果が、1998年に米国で、3万人の成人を対象に行われた調査でした。「この1年間でどれくらいのストレスを感じましたか?」「ストレスは健康に悪いと思いますか?」。この2つの質問をして、8年後に、3万人のうち誰が亡くなったかを調査したのです。

その結果、強度のストレスがある場合には、死亡リスクが43%も高まっていたことが分かりました。ただし、死亡リスクが高まったのは、強度のストレスを受けていた人の中でも、「ストレスは健康に悪い」と考えていた人たちだけだったのです。私は、この点に注目しました。強度のストレスを受けていた人の中でも、「ストレスは健康に悪い」と思っていなかった人たちには、死亡リスクの上昇は見られなかった。それどころか、このグループは、調査をした人たちの中で最も死亡リスクが低かったのです。ストレスがほとんどない人たちよりも死亡リスクが低かったのですから、驚きました。

ストレスは人を賢く強くし、成功へと導く

多くの研究によって、ストレスについての私の考え方はガラリと変わりました。最新の研究成果によって明らかになったのは、「ストレスは人を賢く、強くし、成功へと導く」ということです。人はストレスの経験から学び、成長することができる。そして、勇気や思いやりを持つこともできるのです。

大事なのは、「ストレスについての考え方を変えれば、もっと健康で幸せになれる」という点です。ストレスについてのあなたの考え方次第で、健康はもちろん、人生に意味を見いだせるかどうかまで、様々なことが変わるのです。ストレスに対処する「最善の方法」は、ストレスを減らそう、避けようとするよりも、ストレスについての考え方を改めて、ストレスを受け入れることなのです。

「ストレスのない仕事はない」という考え方が、良いスタートになるかもしれません。人間にとって、ストレスは「普通にあるもの」なのです。「ストレスを軽減しなければいけない」と、四苦八苦してストレスを取り除こうとする人もいますが、それでは良い結果にはつながりません。

ストレスは、自分が仕事を大切にしているからこそ表れる「サイン」だと考えるといいでしょう。ストレスを感じるのは、「自分の仕事に対して思い入れがある」ことの証しで、一生懸命やっているからこそ、誰かのことを思っているからこそ、ストレスを感じるのです。ストレスは誰もが感じることであると知り、“ストレスの味”を自分なりに変えることによって、ストレスとのつき合い方を変えることができます。

ストレスを力に変えたビル・ゲイツ夫妻

「ジョブ・クラフティング」は、自分の仕事を自分で再定義することで、生産性や効率性を高める方法です。ビジネス界から生まれた概念で、ストレスとつき合う時に、非常に役立ちます。

まずは、「リストを作る」ことから始めます。自分の仕事で「やらなければいけないこと」を書き出すのです。例えば、メール、リポート作成、クライアントとのミーティングなどです。同時に、「自分の長所」「自分の人生で何を一番大切に思っているのか」「自分の価値観」などをリストアップします。これらを、「自分の仕事」と一つひとつ、つなげてみるのです。

「説得力のある話し方」が得意だとします。それをメールやリポート作成とつなげて考えるのです。そうすれば、自分の長所をうまく使って仕事をするのに役立ちます。

「人に教えること」が得意なら、メールを書く行為も、「誰かにアドバイスを与える、誰かの役に立つもの」と捉えることができます。これが、ストレスの有害な部分を減らす効果を生みます。「上司が朝令暮改で、自分の時間がない」「煩わしいことが多くて、希望を見いだせない」。そう思うことは、「自分が仕事の被害者になっている」ということです。「ジョブ・クラフティング」は、そうしたネガティブな考え方を変えるきっかけを作ってくれるのです。

「ストレスを力に変えた」人の中で、私が感心した人物は2人います。1人は、マイクロソフトの創業者で、社会貢献を目的にビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団を主宰するビル・ゲイツと、夫人のメリンダ・ゲイツです。

次のページ
フェイスブック創業者、マーク・ザッカーバーグの場合
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント