2017/4/26

人事に聞く

――採用にあたって制限はありますか。

「一応新卒は30歳未満ですが、第二新卒も問題ありません。実は、『新卒なのに中途の要件も、満たして入ってくる人材』がこないかなとねらっています。たとえば、○○マネージャー職で、このスキルと、この経験がある人を求めている、と中途人材を募集しているとします。そこに、『新卒ですが、プログラムも書けたり、インターンを通じてマネジメント的なスキルが磨かれていたり、資格もあったりして、中途の募集にエントリーしたいのですが』という人が出てきたら、非常に面白いと思います。そうすれば、(能力のある学生を)新卒の画一的な給与や待遇ではなくても採用できます。なんとかしたいんですけど(笑)、絶対いると思います」

――学生にとっては、競争が厳しくなりそうですね。ソフトバンクはその方向に向かっていくのでしょうか。

ソフトバンク

「両方ですね。新卒入社だから決まった条件と仕事内容で入社する形もいいと思うし、そうではない形もあっていいんじゃないかなと思います。とにかく時期や年齢で制限されるのはよくないなと」

――源田部長が採用時に見るポイントを教えてください。

「やはり変化が激しい会社なので、変化を楽しみ、前向きにチャレンジできる人ですね。ソフトバンクの人事制度も『チャレンジ』を意識して作っているので、その環境を使い倒していける人は楽しいと思います」

――アグレッシブな社員が多いのでは、というイメージもありますが。

「一方で、ソフトバンクの働き方も、考え方も多様です。なぜなら、当社の歴史そのものが、自分たちよりも、従業員の多い大企業を買収し、文化を吸収してきたからです。多様な文化、働き方、価値観の人たちが集まっている会社、というのが実態です。『自分はアグレッシブな性格ではないから』と思わず、ぜひ応募してほしいですね」

(松本千恵)

人事・労務・法務の基礎知識を身につける講座/日経ビジネススクール

働き方改革推進への対応から人材開発、社会保険の仕組みまで

>> 講座一覧はこちら

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR