完全ワイヤレスイヤホン7選 音質首位は意外な格安品

日経トレンディ

2016年9月に、iPhone 7がイヤホンジャックを廃止。直後から「ワイヤレスのイヤホンやヘッドホンの市場が、数量、単価ともに急拡大している」(BCN総研の道越一郎氏)。

単価上昇の一翼を担っているのが、イヤホンの左右をつなぐケーブルもない「完全ワイヤレス型」だ。アップルの「AirPods」など選択肢が急増した。収納時にもケーブルの煩わしさがない完全ワイヤレス型は、快適さという意味では一つの完成形。従来のイヤホンにストレスを感じていた人には待望のカテゴリーだ。

AVライターの折原一也氏が音質を評価。音楽再生に使ったスマホ端末は「Xperia XZ」(ソニーモバイル)

ただ、完全ワイヤレス型ならではの注意点もある。まず価格は2万円前後が中心と高め。その割に「音質では安価な有線型に劣るものが多い」(専門店)。左右がつながった従来のワイヤレスイヤホンと比べても「動画視聴時に音声の遅延が大きい傾向」(某メーカー)。さらに、ボタンが少なく、操作が制限される面もある。発展途上な点も目立つカテゴリーだ。

今回は最新の主要7製品について、AVライターの折原一也氏の協力の下、音質や遅延、機能面の差異を総点検。現時点で買いの一台を探った。

低価格・高音質でコスパに秀でる 多機能だが、充電しやすさには課題

VA-BH001/VAVA

音質で最も優れていたのは、意外にも税込み9999円の低価格製品。VAVAの「VA-BH001」は、「音の情報量が多く、ボーカルがはっきり聴こえる。低音の迫力も十分」(折原氏)だった。さらに、再生・停止や曲のスキップ、電話着信への応対など幅広い操作がスマホに触らずに本体のボタンだけで行える。コストパフォーマンスの圧倒的に高い一台といえる。

ただ、難点はバッテリーだ。多くの完全ワイヤレスイヤホンは、外出先でもバッテリー内蔵の充電ケースで再充電できるが、VAVAはケーブルに接続して充電する形式。再充電にはモバイルバッテリーが必要になる。


VA-BH001/VAVA 実勢価格9999円(税込み) 
●重さ(片方)/6.4g●連続再生可能時間/2時間●充電端子/micro USB●対応コーデック(A2DP)/SBC、apt-X、AAC 
●音質 ◎ 「どんな曲でもボーカルの情報量が多く、クリアに聴こえる。低域の音も十分な迫力」(折原氏) 
●機能 本体のボタンだけで曲のスキップや通話含め、ほぼすべての操作が可能。充電は二股のmicro USBケーブルをじかに差して行うため、外出先での再充電にはモバイルバッテリーが必要になる 
●通話 ○/●充電ケース ×/●防水 IPX4
MONO TRENDY連載記事一覧
次のページ
最軽量で音質の良さも兼ね備える 通話非対応など機能
MONO TRENDY連載記事一覧