注目の「USB Type-C」 知っておきたい利点と課題

日経トレンディネット

新世代のコネクターとして「USB Type-C」の普及が見えてきた
新世代のコネクターとして「USB Type-C」の普及が見えてきた
日経トレンディネット

新世代のUSBコネクターとして注目を浴びる「USB Type-C」。これまで複数の形状に分かれてきたUSBコネクターが統一され、機能でも大きな向上を期待できる。PCやスマホだけでなく、ゲーム機を含めたさまざまな電子機器への普及が予想される、USB Type-Cの基本を確認してみよう。

速度が遅くても「Type-C」の可能性も

USB Type-Cは、USBの最新規格「USB 3.1」世代で登場した新しいコネクター規格だ。製品名などで簡潔に表記する必要がある場合のために「USB-C」という略称も規定されており、アップルなどが採用している。

いまやUSBは、データ転送や充電のためのインターフェースとして広く普及している。だがそのコネクターは、PCなどのホスト側に用いられる「Type-A」と、周辺機器などのデバイス側に用いられる「Type-B」に分かれていた。

さらにType-Bはデバイスの小型化に伴い、ミニB(ミニUSB)やマイクロB(マイクロUSB)、マイクロUSB 3.0などが混在しているのが現状だ。そこでUSB Type-Cでは、ホスト側とデバイス側に分かれていたUSBコネクター規格を見直した。1種類のコネクターに統一しようという狙いだ。

マイクロB(写真左)とUSB Type-C(写真右)コネクター

ただし、コネクターが新しいUSB Type-Cだからといって、データ転送速度が最大10Gbpsに強化された最新の「USB 3.1」規格になっているとは限らない点に注意したい。スマホなどでは内部的には「USB 2.0」規格のままUSB Type-Cを採用した製品も多い。この場合、USB 3.0(最大5Gbps)や3.1の高速通信は利用できないが、コネクター形状だけはUSB Type-Cになっているというわけだ。

USB Type-Cコネクターの大きさはマイクロUSBに近く、裏表がないことが大きな特徴だ。最近ではマイクロUSBやType-Aでも裏表のないコネクターを実現したアイデア製品が増えており、本当にUSB Type-Cは必要なのか、と疑問に感じる人がいるかもしれない。だがUSB Type-Cはコネクター形状だけでなく、「中身」も大きく進化しているのがポイントだ。

ケーブル1本ですべてがつながる

USBの主な用途といえば、USBメモリーのようなデータ転送や、スマートフォン(スマホ)の充電などが挙げられる。これに加えて、USB Type-Cではディスプレー出力や急速充電のための拡張規格が加わっている。

ディスプレー出力を可能にする「オルタネートモード」では、USB Type-Cの信号線を用いて、ディスプレー信号などUSB以外のデータを流すことが可能になる。すでにUSB Type-CからDisplayPortへの出力ができる製品が登場しており、2017年にはそのHDMI版も商品化されそうだ。

CES 2017に展示された、USB Type-Cのオルタネートモードを利用したHDMIケーブル

これまでにもPCのUSBポートからディスプレーに出力する周辺機器は存在していた。だが、その仕組みは「DisplayLink」に代表される専用チップとドライバーを利用したもので、描画能力や画面解像度の点で制限が多かった。2016年に登場したUSB Type-CからHDMIへの変換アダプター製品も、この方式と理解してよいだろう。

これに対してUSB Type-Cのオルタネートモードでは、PCから出力されたディスプレー信号がそのまま流れる点が異なっている。つまりPC本体のDisplayPortやHDMIのポートに、ケーブルを直接つなぐのと同じ性能が得られるというわけだ。

さらに同じケーブルを使って、USBのデータ転送や給電もまかなえる。例えばUSB Type-C対応のディスプレーなら、ノートPCと1本のケーブルでつなぐことで「ノートPCからのディスプレー出力」「ディスプレーからノートPCへの給電」「ディスプレー側のUSBハブをノートPCから利用」といったマルチな使い方ができる。

CES 2017に出展されたLGのUSB Type-C対応ディスプレー。PCとケーブル1本で接続できる

このように「ケーブル1本ですべてがつながる」というのが、USB Type-Cが実現しようとしている世界観といえる。机の上の配線がスッキリすることは間違いないだろう。

また、USB Type-Cの拡張規格として最大40Gbpsの転送速度を誇る「Thunderbolt 3」もある。現時点では専用チップが必要で、消費電力も大きいなどハイエンド向けの仕様だが、ノートPCのドッキングステーションや業務用のストレージ製品などで利用が始まっている。

Nintendo Switchでも採用

USB Type-Cを採用する製品も続々と増えている。なかでも、世界に先駆けてインターフェースをUSB Type-Cに一本化したことで注目を浴びたのが、2015年に登場したアップルのMacBookだ。「すべてをケーブル1本で」というUSB Type-Cの理想を体現した製品ともいえる。

12型MacBookはインターフェースをUSB Type-Cに一本化した

ただし、実際には本体左右に複数のポートがあったほうが使いやすい。Windows PCや、2016年モデルのMacBook Proのように、複数のUSB Type-Cを搭載する例も増えている。

スマホでは、グーグルが2015年に「Nexus 6P/5X」でUSB Type-Cを採用。日本ではNTTドコモやソフトバンクが発売したことで、日本市場にも本格上陸を果たした。現在ではソニーモバイルの「Xperia XZ」などハイエンドモデルが先行してUSB Type-Cを採用しているが、今後はミドルレンジ以下の端末にも普及する見込みだ。

スマートフォンではハイエンドモデルから採用が始まっている

USBメモリーではUSB Type-CとType-Aに両対応した製品が増えており、デジタルカメラやモバイルバッテリーでもUSB Type-Cの採用が始まっている。最新ゲーム機では任天堂の「Nintendo Switch」が充電にUSB Type-Cを採用するなど、今後はPCやスマホに限らず、あらゆる電子機器に普及することが予想される。

ただし現在は移行期である。ケーブルやコネクターの品質にばらつきがあり、機器が破損する場合もないとは言えない。粗悪なものを使わないように注意することも必要だ。

(ライター 山口健太)

[日経トレンディネット 2017年2月21日付の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧