ナショジオ

ニュース

ブラジルで新種の有袋類を発見「魔法の赤帽子」

日経ナショナル ジオグラフィック社

2017/3/11

ナショナルジオグラフィック日本版

新種のオポッサムMonondelphis saciのメス。(PHOTOGRAPH BY ADRIANO MACIEL)

 ブラジルの博物館で、偶然、新種のオポッサムが発見された。

 2008年、生物学者のシルビア・ペイバン氏は、ブラジル北部のベレンにあるパラエンセ・エミリオ・ゴエルジ博物館で、赤茶色のふさふさした毛をもつ有袋類の標本を発見した。まだ学術的に分類されておらず、学名が付いていなかった。

 この有袋類は、大きさがネズミほどで頭部が赤みがかった色をしていたことから、学名はMonodelphis saciと名付けられた。

■魔法の赤帽子をかぶった小人

 「サシー(saci)」は、ブラジルの民間伝承にしばしば登場するいたずら者の小人だ。魔法の赤い帽子をかぶることで、自由自在に姿を消したり再び現れたりすることができる。新種のオポッサムは、サシーのように赤い帽子をかぶり、人間に見つかることなく暮らしていた。

 米国自然史博物館の科学誌『American Museum Novitates』に今回の発見を報告したペイバン氏は、「この標本が博物館に到着したとき、すぐに分析にかかったのですが、名前がないことに気づいたのです」と説明する。

 彼女はその後、ブラジルの博物館の収蔵品の中からも同じ種の別の標本を見つけた。

 オポッサムは南米の熱帯で進化してきた動物で、現在は南北アメリカ大陸に数十種が生息している。米国まで北上してきたのはキタオポッサムだけである。

 すべてのオポッサムが夜行性で、果物や昆虫、小型哺乳類まで食べる。こうした性質のおかげで、広い範囲に分布できたと考えられている。

 ペイバン氏は、米国自然史博物館での博士課程研究の一環として、オポッサムの系統樹をまとめたいと考えていた。しかし、オポッサムは種類が多く生息地も幅広いため、すべてを自力で見つけるのは困難。そこで彼女は、足りない部分を補うために各地の博物館を訪れた。

 新種のオポッサムの標本は、この調査の過程で発見された。その後、彼女の同僚が標本の採集場所であるブラジルのパラー州にあるイタイトゥバ第一国有林に赴き、生きた個体が見つかるかどうかを調べた。

■生きた個体を求めて

 ペイバン氏の同僚たちは、夜間に熱帯雨林をうろつくオポッサムを傷つけることなく捕獲するため、小さなバケツを使った落とし穴式の罠を数カ所に設置してみた。

 これまで知られていなかった新種がそう簡単に捕まるのかという不安もあったが、意外にも、同じ種類のオポッサムが何匹もバケツにかかった。

 「彼らは特に珍しい動物ではないのですが、近年、落とし穴式の罠が使われるようになってから、科学者の目にとまるようになったのです」。このオポッサムは絶滅の危機に瀕してはいないようだが、彼女の発見が公表されてから野生の個体を収集する人が増えたという。

 チリ南部のバルビディアにあるチリ大学アウストラルの生物学者ギレルモ・デリア氏は、今後、数種類の新種のオポッサムが発見されるだろうと予想している。「研究者たちは新しい地域で標本を収集したり、博物館の標本を調べ直したり、種の同定にDNAを使用したりするようになっていますから」

(文 Carrie Arnold、訳 三枝小夜子、日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック ニュース 2017年2月28日付]

ALL CHANNEL