エンタメ!

エンタウオッチング

小澤征悦 『クリミナル・マインド』新作の裏側を語る

日経エンタテインメント!

2017/2/16

 FBI(連邦捜査局)に実在する行動分析課の活躍を描いて、世界中で人気のテレビドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』。そこから新たに生まれたスピンオフが『クリミナル・マインド 国際捜査班』だ。

 米国では2016年3月から放送がスタート。世界中で事件に巻き込まれたアメリカ人を救出するために国境を越えて活動するチームの活躍を描く。国際捜査班はタイ、インド、フランスなど世界各国を飛び回り、日本を舞台にした回ではメンバーのサポート役で小澤征悦がゲスト出演した。本人に、米国での撮影の裏話を聞いた。

『クリミナル・マインド 国際捜査班』の第4話。米国人の連続自殺事件を捜査するために来日したFBI国際捜査班のメンバーをサポートする役どころで、小澤征悦がゲスト出演

 国際捜査班のチームリーダー、ジャック・ギャレットを演じるのは、『CSI:NY』のマック・テイラー役で知られるゲーリー・シニーズ。彼が率いる5人のチームが、各国の捜査官と協力して犯罪捜査にあたる。米国人の連続自殺事件の捜査のために来日する第4話では、小澤征悦が警視庁のリョウ・ミランテ刑事にふんした。

■映画に続いて海外作品に出演

『クリミナル・マインド 国際捜査班』 WOWOWプライムで毎週火曜23時[2カ国語版]、毎週水曜深夜0時[字幕版]放送中 (c) ABC Studios

 小澤が海外作品に出演するのは、16年の映画『JUKAI―樹海―』に続いて2作目。同作へはオーディションで出演が決まったが、それがきっかけで今回の『クリミナル・マインド 国際捜査班』の役に抜てきされたという。

 「リョウは日本の警察という大きな体制の中にいる人物で、上司のカズミはガチガチの保守派。しかしリョウは、海外の捜査グループなど受け入れないという人物の下で、自分がどんな状況に陥ったとしても正義を追求しようとする人物であると説明を受けました」

劇中で絆を深めていくマシュー・シモンズにふんしたダニエル・ヘリーとは個人的にも親交を深めた (c) ABC Studios

 つまりリョウは警視庁の刑事であるにもかかわらず、国際捜査班と共に捜査に繰り出していき、その中のマシュー・シモンズ(ダニエル・へニー)と仲を深めていく。

 「ダニエルとは個人的にも仲良くなりました。彼は韓国の血が流れているせいか、とても目上の人を立てるんですよ。僕の方が2、3歳年上だったので、『兄貴!兄貴!』と慕ってくれ、飲みに行こう、飯に行こうと誘ってくれて。ただ、僕はロスのお店を知らないので、心の中では僕の方が(彼を)兄貴と思ってました(笑)。なんというか、互いに心がオープンになり、とても親しくなりました」

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL