写真で見るiPhone 7の実力【現地リポート】

ついにFeliCaに対応した
ついにFeliCaに対応した
日経トレンディネット

アップルがスペシャルイベントで新型iPhone「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発表した。正面からの見た目や全体的なデザインは、基本的にこれまでの「iPhone 6s/6s Plus」から据え置きなので、一見すると小規模なマイナーチェンジだと感じる。だが、実際にはカメラや電子決済、防塵防滴ボディーなど、改良点は多岐にわたっており、満足度が高まった。デザイン面でも、光沢のある新色「ジェットブラック」は思わず「手に入れたい」と感じさせる魅力を持っていた。

デザインは据え置きだが、所有欲をくすぐるジェットブラックモデル

ボディーは、待望の防じん防滴構造を採用しつつ肥大化を防いでおり、持った感じはこれまでのiPhoneとまったく変わらない。厚みはiPhone 7で7.1mmと従来のiPhone 6sと変わらず、重量は逆に5gほど軽くなっている。

見た目の新鮮さに欠けるiPhone 7/7 Plusにおいて目を引くのが、ジェットブラックの新色だ。ツヤのある仕上げはとても美しく、所有欲を大いにくすぐられた。指紋が目立ちやすいのが欠点だが、ケースに入れずに使いたくなる仕上げだ。近年のiPhoneはホワイトのイメージが強かったが、iPhone 7/7 Plusはブラックの印象に変わりそうだ。

底面のヘッドホン端子が廃止されたのはデメリットといえるが、3.5mm径のイヤホンジャックを備えたLightning接続の短い変換ケーブルが付属するので、実用上はそれほど不便はなさそうだ。充電しながら有線のイヤホンやヘッドホンで音楽を楽しめなくなるので、「iPhone Lightning Dock」などのヘッドホン端子を搭載したドックの需要が増しそうだ。

iPhone 7 Plus。前面から見た印象は、これまでのiPhone 6シリーズとまったく変わらない
背面は、上下にあったラインが廃止され、すっきりとした印象になった

新色のジェットブラックモデルは、光沢のある仕上げが施されているのが特徴。5色のカラバリのなかでも、光沢仕上げはこのカラーのみとなる。目新しさから人気を集めそうだ
こちらはもう1つの新色となるブラックモデル。光沢感のないマットな仕上げで、落ち着いた印象だ

ホームボタンは、感圧タッチ式の「Force Touch」に変わった。見た目はこれまでと変わらず、指紋認証のTouch IDも内蔵する
新たにTaptic Engineを内蔵することで、ボタンを押した際のクリック感を生み出す。通知や電話などに応じて、数種類の振動を発生するという

底面のヘッドホン端子は省略され、一般的なイヤホンやヘッドホンをLightning端子に接続するための変換ケーブルが付属する
ヘッドホン端子を省略したことで、待望の防じん防滴構造に対応した。iPhoneがうっかりプールなどに落ちても破損を防げる

スピーカーを上部にも搭載したことで、横画面時に音声がステレオで楽しめるようになった。上部のスピーカーは、細長いスリットの部分に内蔵しているとのこと

デュアルカメラのiPhone 7 Plusはスマホカメラの常識を変える

大きく進化したのがカメラ機能だ。特に、2組の撮像素子とレンズを搭載したデュアルカメラを採用するiPhone 7 Plusが大いに注目である。2組のカメラは、片側が35mm判換算で28mm相当の広角レンズ、もう片方が56mm相当の中望遠レンズとなっており、それぞれを切り替えることで2倍相当のズームが可能になる。デジタルズームではないので、画質劣化はない。

デュアルカメラの真価を発揮するのが、「被写界深度エフェクト」と呼ばれる新機能だ。2つのカメラが捕らえた情報を利用して深度データを生成し、人物をシャープに描写しながら背景を大きくぼかした撮影ができる。昨今は、画像処理で背景をぼかす機能を搭載したスマートフォン(スマホ)が増えているが、輪郭部やボケの表現が不自然になりやすい。イベント会場でiPhone 7 Plusの写真を見ると不自然に感じる部分はまったくなく、「デジタル一眼で撮りました」と言われても分からないと感じた。スマホ写真の常識が変わりそうだ。

iPhone 7のカメラには、これまでPlusにしかなかった光学式手ぶれ補正機構が搭載された。撮影の失敗防止や、動画での不快な揺れの軽減が期待できる。

iPhone 7 Plusのデュアルカメラは、片側が35mm判換算で28mm相当の広角レンズ、もう片方は56mm相当の中望遠レンズとなっている
望遠側のレンズで撮影することで、2倍ズーム相当で大きく写せる

2つのカメラの情報を利用して深度データを生成し、中央の人物をシャープに描写しながら背景を大きくぼかす撮影ができる「被写界深度エフェクト機能」を搭載する

被写界深度エフェクトで撮影したポートレート写真。背景が大きくぼけているのが分かる
画面中央下にズーム倍率が表示されるようになった。写真はズームなしの状態で、「1x」と表示されている
ズームさせると「2x」と表示が変わり、望遠側のカメラに切り替わる。デジタルズームではないので、とても精細だ

デジタルズームは画質を改善するとともに、ダイヤルのような操作で分かりやすく操作できるように改良した

待望のモバイルSuicaは10月下旬から使えるように

日本市場でもApple Payの導入が決定するとともに、FeliCaに対応した点が注目できる。モバイルSuicaにも対応するので、iPhoneのケースにSuicaを入れて使う、という苦肉の策からも解放されそう。Suicaへのチャージやオートチャージの設定もiPhone上でできるとみられる。なお、FeliCa対応は日本向けのモデルに限られ、海外版のiPhoneでは利用できないという。サービス開始は2016年10月末の予定。

新たに投入するワイヤレスイヤホン「AirPods」は、イヤホンの左右がケーブルでつながっておらず独立した構造。充電やペアリングが手間なくできるように工夫されており、さながら未来のイヤホンといった趣だ。装着中に落としてしまいそうなのが気になるが、髪型を気にする人には人気の製品となりそうだ。

日本向けのiPhoneには新たにFeliCaが搭載され、Apple PayでモバイルSuicaなどのサービスが利用できるようになる
地図アプリでは、新たに鉄道などの乗り換え案内ができるようになった

純正オプションとして用意されるワイヤレスイヤホン「AirPods」(希望小売価格は1万6800円)。左右が独立しているうえに、それぞれがとても小さい
センサーを内蔵しており、両方の耳に装着したことを検知すると音楽の再生が始まる。片耳のイヤホンを取ると再生が一時停止するようになっている

充電機能を備えた専用ケースが付属する。Lightningケーブルを接続すれば充電できる
ケースのフタを開けるとペアリングが始まり、iPhoneの画面で接続ボタンをタップするだけで使えるようになる

Apple Watch Series 2は強固な防水性能が加わり、水泳などのスポーツでも使えるようになった
Apple Watch Series 2の防水機能

同時に発表されたApple Watch Series 2の見た目は初代モデルと変わりない。画面の輝度が大幅に向上し、直射日光下でも見やすくなった
最上位モデルとして、素材にセラミックを用いたモデルを用意する

マリオがiPhoneに、ポケモンGOがApple Watchにやってくる!

サプライズだったのが、世界的に人気を集める「マリオ」が登場する初のスマートデバイス用ゲーム「スーパーマリオラン」が発表されたことだ。画面は、Wii U用の「スーパーマリオブラザーズU」と同等のクオリティーを持ちつつ、指1本で遊べるように工夫した。イベントに登壇した任天堂の宮本茂専務は「混雑した電車の中でも遊べる」と、日本市場を強く意識したコメントをした。

任天堂はまた、世界中でブレイクした「ポケモンGO」のApple Watchへの対応を発表した。当然ながら、ポケモンの存在を振動で知らせるだけの腕時計型アクセサリー「Pokemon GO Plus」よりも格段に多機能であり、ポケモンGO目的でApple Watchを購入する人が増えそうだ。

「マリオの生みの親」といわれる任天堂の宮本 茂専務が登壇し、人気キャラクター「スーパーマリオ」を用いたiOS用ゲーム「スーパーマリオラン」の開発を発表した
リリースは12月の予定

スーパーマリオランは、フィールドが自動的にスクロールし、画面をタップするとジャンプする仕組み。片手でプレーでき、通勤や通学の電車内でもストレスなく遊べそうだ
対戦機能も備えており、ライバルとスコアを競って遊べる

世界的に人気を集めた「ポケモンGO」のApple Watchへの対応もアナウンスされた
任天堂が発売する予定の「Pokemon GO Plus」をより多機能にした感じで遊べるようになる

歩いた距離や消費カロリーが表示されるとともに、「近くにいるポケモン」が表示される
ポケモンが現れた際は表示とともに教えてくれる。実際にボールを投げるなどの操作はiPhoneを使うようだ

(日経トレンディネット 磯修)

[日経トレンディネット 2016年9月8日付の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧