店選びや配車もお任せ 忘年会支援アプリで名幹事

忘年会シーズンがいよいよ本番を迎える。会社の上司や友人から幹事を任され、店選びに頭を抱える人も多いだろう。最近はスマートフォン(スマホ)を使って希望条件に合う飲食店を探せるアプリが人気だ。忘年会後に便利なタクシー配車や体調管理に使えるアプリも花盛りだ。アプリを活用して忘年会で盛り上がろう。

「大人数が集まる飲み会のお店予約に便利だ」。東京都内のIT(情報技術)企業に勤務する男性(25)が活用するのがリクルートライフスタイルの「スマート幹事くん」。飲食店の立地エリアや希望日時、1人当たりの予算を打ち込むと、同社の飲食店サイト「ホットペッパーグルメ」に登録された約2万店のうち条件を満たす店から営業メールが届くシステムだ。

幹事業務支援アプリの「スマート幹事くん」

利用法は簡単だ。忘年会や同窓会といった利用目的などを選択肢から選び、「個室にしてほしい」「飲み放題をつけてほしい」といった個別のリクエストを打ち込むだけ。同社は「幹事が1軒ずつ電話する手間がなくなる」とアピールする。急に幹事を任されたときに頼りになるアプリだろう。「割り勘計算機能」も備えている。

■2次会のお店まで

2次会のお店まで決めていなかった――。1次会で盛り上がり、さあ次だ、となったときの店探しに便利なのがダイヤモンドダイニングのアプリ「即飲み」だ。スマホの画面の地図上で現在地を指定すると、営業中の周辺店舗の位置が地図に現れる。そのうち5つまで選択し、名前、電話番号、到着時間などを入力する。2分ほど待てば、空席がある店舗から幹事に電話がかかってくる仕組みだ。

同社は「大人数でもあまりまつことなく店を予約できる」と強調する。首都圏、関西の同社グループの約200店舗のレストランや居酒屋の情報を提供しており、予約が成立すれば店までの道筋を画面で通知している。

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧