テレワーク足にご用心 在宅で機能低下、痛みや不調

足のクリニック表参道には「おこもり足」の患者が多く訪れる(7月、東京都渋谷区)
足のクリニック表参道には「おこもり足」の患者が多く訪れる(7月、東京都渋谷区)

新型コロナウイルス下で外出の機会が減るなか、立つ時にふらついたり、足に痛みが出たりする人が増えている。原因は在宅勤務などによる足の機能低下で、適切に対処しなければ疲労骨折などを引き起こす恐れもある。専門家は無理のない運動や適切な靴選びを呼びかける。

「長期の在宅勤務による『テレワーク足』ですね」。7月、「足のクリニック表参道」(東京・渋谷)を訪れた40代男性はこう診断を受けた。

男性は片道40分かけて通勤していたが、新型コロナ対策で昨年4月から在宅勤務を開始。運動不足を解消しようと1日約1時間、ウオーキングやランニングをしていた。約1年後の6月、急に足に痛みが出て歩きづらくなったという。

桑原靖院長によると、足は日常の活動内容や時間によって耐えられる負荷の限界が決まっている。外出の機会が減り足の筋肉や関節を使わなくなると、「活動限界値」が低下する。

桑原院長はこのような状態を「テレワーク足」「おこもり足」と呼ぶ。

足が弱まっている状態に気付かず、運動や通勤を始めると、過度な負荷がかかり不調や痛みが出やすい。

男性の場合も在宅勤務続きで限界値が低下していくなか、毎日1時間の運動が逆効果に。運動不足を補うつもりが、知らないうちに足に無理を強いる形となり、痛みが生じたという。

クリニックでは同様の患者が昨年5月ころから増え始め、毎月50人程度来院。急に運動を始めたり、長期間の在宅勤務後に通勤を再開したりしたケースが多い。桑原院長は「通勤や日常の外出はかなりの運動。自粛による足への影響は大きい」と話す。

コロナ下で浸透した「自宅トレーニング」も不調を引き起こす思わぬ一因だ。

室内でマットを敷かずはだしで運動すると、床の衝撃が足にじかに伝わる。高い負荷がかかり、限界値を超えやすくなる。

予防や改善には運動の負荷を徐々に高めていく意識を持つことが重要だ。桑原院長は「痛んだら無理せず、日常生活や運動内容を見直してほしい」という。

靴選びもポイントとなる。足の裏はアーチのような構造で体を支える。靴の形が合っていなければ、アーチ構造が崩れて歩き方がゆがみ、痛みが生じやすい。不調がひざや腰に広がる恐れもある。

次のページ
コロナ下、歩行速度アップも
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント