冬の災害、テント避難を体験 底冷え対策に大切な熱源

NIKKEIプラス1

東日本大震災も阪神大震災も寒い時期に発生した。プライバシー確保と避難をどう両立するか。家のキャンプ用品で寒さに耐えられるか、感染対策にも注意しながら試した。

テント避難の実験を考えたのは、2016年の熊本地震発生時に、アウトドア用品メーカーが被災地に提供したテントが避難所の庭などに並んだ様子を目にしたことが大きい。新型コロナウイルス感染症に対応し、避難所に集まる大勢の人と社会的距離を保てるかもしれないと考えた。

アウトドアグッズを扱うコールマンジャパン・マーケティング本部の渡辺孝宜さん(26)は、11年に発生した東日本大震災と原子力発電所事故から逃れるため福島県内で避難所生活を体験した。

「放射性物質を避けようと、母と高校生の妹と一緒に避難所から外に出ない生活を送ったが、プライベートスペースがないことが何より苦痛だった」と振り返る。周囲から家族を守る仕切りが欲しかったという。ナイロンのテントは薄いものの、十分に人目を避ける盾にはなりそうだ。

今回の避難テストの想定は救援が来るまでの、災害発生直後数日間のサバイバル。新しい道具や食品を買わなかった。災害後に新品のテントを買う余裕はないからだ。

使ったテントは約20年前の松江支局勤務時代、最安値につられスポーツ用品専門店のアルペンで買った「キャンプマン」のドーム型だ。これまで5、6回しか使っていない。

約20年前のテントを寒空に張った

寒さとの勝負になることは明白だったので、4度まで使用可能な手持ちの秋~冬用の封筒型寝袋のほか、自宅で普段使っている分厚い緑色の羽毛布団をテントに運び込んだ。寝袋はジッパーを開いて布団のように掛けて使った。いざ避難になれば、使えるものをすべて使うはずだ。

寒さ対策に毎日使う布団を持ち込む
食料品はすべて家にあったもの

もう一つ活用したものがある。最近、災害用に注目を集めているポータブル電源だ。700ワット時の容量があり、今回は消費電力70ワット弱の電気毛布の電源に使った。

ポータブル電源が活躍。パススルーで米を炊いた

実験場所に選んだのは都心から1時間強で行ける神奈川県内のキャンプ場。密を避けられるとはいえ、コロナ感染者の増加が続いていたので体調を崩さぬよう細心の注意を払った。

だが、寒かった。午後7時ごろから気温は氷点下に。電気毛布と寝袋、羽毛布団の3層構造で防寒対策はしっかりしたつもりが、布団に覆われていない首筋と頭が冷える。ロシア人が帽子をかぶる理由がわかった。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ガスや炭火、使用に注意
MONO TRENDY連載記事一覧