ニットの毛玉防ぐ お薦めは豚毛ブラシ、絡まりほぐす洗濯家 中村祐一

お気に入りのニットの着用や洗濯を繰り返すうちに、毛玉だらけになったことはないだろうか?今回はニットにできた毛玉の対処法と、毛玉を作らないお手入れ方法を紹介したい。

多くの方が、ニットに毛玉を見つけたらすぐに刈り取ることを考えるのではないだろうか。毛玉を刈り取るとその分ニットのボリュームが減る。したがって、まずは毛玉をほぐすことをおすすめしたい。初めに洋服用のブラシを使って毛玉をほぐし、それでもダメなら毛玉取り器などで刈り取るといった手順になる。

毛玉ができる最大の原因は摩擦だ。着用中によく擦れる部分には毛玉ができやすい。腕と胴体が擦れる部分、バッグをかける部分などは毛玉が多発する要注意ポイントだ。着用中の摩擦を減らすのが一番だが、現実はなかなか難しい。したがって、脱いだ後のブラッシングが有効だ。

毛玉はいきなり毛玉になるのではない。毛が徐々に絡まって丸まり、最終的に玉になる。玉になる前にブラッシングをして絡まりをほぐすことで、毛玉の発生を抑えることができる。

私がニットをほぐす時に使用しているのは豚毛のブラシだ。豚毛のブラシは適度な硬さがあり、ニットを傷めずにしっかりと絡まりをほぐしてくれる優れものだ。

ほぐしきれない毛玉は刈り取る。毛玉取り器には電動式と手動式がある。電動式は楽に均一に刈り取れる半面、意図しない巻き込みが起こることがあるので注意が必要だ。手動式は思い通りのスピードや角度で動かせるのがメリットだ。全体は電動式を、細かい箇所などは手動式を部分的に、などと使い分けるのも一案だ。

毛玉の刈り取りは肌のムダ毛処理と同じようなイメージで行うとよいだろう。カミソリやシェーバーを肌に強く当て過ぎたり、歯を立て過ぎたりすると、皮膚が切れたり傷ついたりする。糸も同様だ。皮膚の上をすべらせるように、ニットの表面で慎重に動かそう。

豚毛の洋服ブラシで繊維の絡まりをほぐす
手動(左)と電動をうまく使い分けよう

ブラッシング後のセーターの表面(左)。繊維の絡まりがほぐれている
毛玉取り器を慎重に動かして毛玉を取り除く

ニットの洗濯時はできるだけ摩擦を抑えるように心がけ、水の中で動かし過ぎないように注意する。洗濯機で洗う場合は網目の細かいネットを使う。目の細かいネットだと、衣類の表面をしっかり包んで保護してくれるので、目の粗いネットに比べて優しく洗える。ニットがネットの中で必要以上に動かないように、ニットを畳んだ状態と同じかやや大きめのサイズのネットを選ぼう。水の中で動き過ぎず、毛玉の原因となる摩擦を最小限に抑えられる。

おしゃれ着用の中性洗剤を使えば毛玉はできにくい。柔軟剤を使うと静電気を防ぎ、摩擦が起こりにくくなり毛玉ができにくくなる。アイロンで表面のけば立ちを抑えるのも毛玉予防になる。毛玉に気をつけてニットを着用し、優しくお手入れしてほしい。

中村祐一(なかむら・ゆういち)
1984年生まれ。クリーニング会社「芳洗舎」(長野県伊那市)3代目。一般家庭にプロの洗濯ノウハウを伝える「洗濯家」として活動。「洗濯王子」の愛称でメディア出演も。

[日本経済新聞夕刊2020年2月4日付]

注目記事
今こそ始める学び特集