松田聖子やワム!を再現 Jポップに80年代ブーム

80年代楽曲のカバーでソロデビューした東京女子流の新井ひとみ(東京都渋谷区)
80年代楽曲のカバーでソロデビューした東京女子流の新井ひとみ(東京都渋谷区)

歌謡曲やシティポップといった1980年代の味わいを取り入れたJポップが人気を集めている。中高年のノスタルジーではなく、当時を全く知らない20代女性の傾倒が目を引く。

「80年代の曲を歌うことになってから、当時の『明星ヘアカタログ』を買ってきて、アイドルの髪形やファッションをよく研究しました。アイドルが自分の部屋とか、プライベートを平気で公開しているのはびっくりしたけれど」

親衛隊がコール

そうほほ笑むのは、4人組ダンス&ボーカルグループの東京女子流で活動する新井ひとみ(21)だ。2019年11月、83~84年放送のテレビアニメ「魔法の天使クリィミーマミ」の主題歌「デリケートに好きして」をカバーして、ソロデビューした。主人公のマミに倣ったフリルの衣装に身を包み、毛先に段差をつけた聖子ちゃんカットで「80年代アイドル風の現代アイドル」を体現する。

女子流はブラックミュージックを取り入れた洗練された音楽性とダンスが売り物。意表を突いたソロデビュー曲となったが「80年代の曲はテンポがゆっくりで間が多いから、歌詞がわかりやすくて聴きやすい。でも、しゃくり上げる歌い方が難しくて録音には時間がかかった」と振り返る。

ライブも80年代の雰囲気たっぷり。ファンが結成した「親衛隊」がそろいの法被と鉢巻きで「ラブリー ひとみ」「レッツゴー ひとみ」と歌の合間に巧みにコールを入れる。「私一人じゃなくて、コールがあって曲が完成する。MC(しゃべり)を忘れたときは教えてもらってます」

2月19日には同曲に中森明菜「少女A」のカバーを加えたシングルレコードを発売。同16日、かつてクリィミーマミを演じ、主題歌も歌った声優、太田貴子のライブにゲスト出演する。「最初は80年代のことを何も知らなかったのに、どんどん楽しくなってきた」

生歌や歌詞に魅力

10年代、AKB48や乃木坂46といった集団でのダンスパフォーマンスを売り物にするグループが全盛期を迎えた。そんなトレンドに背を向け、じっくり生歌を聴かせたいと考える若い歌い手が台頭している。

「ソロデビューアルバムを録音したとき、バンドや弦楽器と一緒にスタジオで歌った感激が忘れられない。今は(コンピューターの)打ち込みが主流だけれど、生の楽器の伴奏は歌っていても全然違う」

松田聖子をきっかけに80年代に傾倒する武藤彩未(東京都渋谷区)

かつてグループアイドルのさくら学院で活動した武藤彩未(23)は14年にソロデビューし、80年代サウンドの再現をうたう。一時休止していたが、自ら作詞した配信シングル「雨音(あまね)」を発表して再始動。19年12月のライブではワム!のヒット曲「ラスト・クリスマス」をカバーし、会場を沸かせた。新曲を収めたミニアルバム「MIRRORS」を3月4日に出す。

「最近の曲の歌詞はストレートだけれど、80年代は聴き手が想像する余地があった。私もそんな歌詞を書きたくて勉強中。自分のリアルな感情を歌うのではなく、フィクションの主人公になりきって演じるのが好き。生まれる時代を間違っちゃったかな」と笑う。

両親が松田聖子の大ファンで、自宅やカーステレオで聖子ナンバーを聴いて育った。シングル曲は全て歌える。「ずっと聖子さんに憧れていると言ってたら(作詞家の)松本隆さんから『どこかで会えたらいいね』とツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)をもらった。いつか詞を書いてもらえたらうれしいです」

80年代サウンドを核にしたガールズポップは勢力を広げている。20年にメジャーデビューを果たす4人組「フィロソフィーのダンス」はファンクやR&Bを独自に消化した音楽性の高さを売り物にする。

音楽ディレクター・ライターの柴崎祐二氏は「グループでのダンスを重視したシンプルなビートの全盛期を経て、その対比として80年代風の有機的で『歌謡的』な楽曲に回帰しているのでは」と指摘。シンセサイザーを基調にしたサウンドの復権や、フューチャーファンクなど80年代色の濃いジャンルが、インディーズを経てメジャーのシーンにも浸透してきたとみる。

80年代のリバイバルは世界的なトレンドだ。当時生まれてもいなかった若者たちが豊かな音楽性を継承しつつある。

(多田明)

[日本経済新聞夕刊2020年1月20日付]

エンタメ!連載記事一覧