患者も介護スタッフも歓迎 医師が学ぶ連携スキル

医療者が専門の医療技術以外で、チームの運営方法や対話法など「ノンテクニカルスキル(非専門技術)」を学ぶ動きが広がっている。医師を中心とする医療界は他業種に比べると上下関係が強い傾向があり、若手や多職種が異論を唱えにくいこともある。だが在宅医療など医療界の枠を超えた連携が求められる中、研修を受けてチーム医療を高めようとしている。

総合医の認定を目指す医師が参加するノンテクニカルスキルの講習会(2019年11月、東京都)

「病変はここですか?」

「違う! 病変の特定もできないのにアセスメント(状況評価)ができるわけがないだろう!」

昨年11月に東京都内で開かれた医師向けのノンテクニカルスキルの講習会。コンピューター断層撮影装置(CT)の画像を見る研修医と指導医がスクリーンに映る。怒号を浴びた研修医が発言をためらうようになると、似た経験があるのか、苦笑する受講者も多い。

講師を務める筑波大病院総合診療科の前野哲博教授は「皆の前で質問するときは、研修医には自信をもって知っていることか、知らなくても恥ずかしくないことを聞きましょう」と解説を加えた。

この講習は、あらゆる年齢の幅広い病気を診療する「総合医」がつくる日本プライマリ・ケア連合学会と全日本病院協会が、2018年から始めた。産業界の研修メニューを医療関係者向けに改良した。

前野教授によると、ノンテクニカルスキルは対話法やコーチングなど指導法のほか、チーム運営や時間管理などを含む総合的な技術。医療者の「専門技術(テクニカルスキル)」とは異なるため「ノン」テクニカルスキルと呼ぶ。

医療界では診療科別の大学医局での上下関係が強く、若手が異論を出しにくいなど意思疎通や情報共有が難しいことがある。一方で「対話法や指導法などをわざわざ学ぼうという意識は低く、体系的な教育を受ける機会がほとんどない」(前野教授)という。

だが高齢化が進み、在宅医療が普及するなか、病院内だけでなく、介護関係の多職種や家族などと接する機会も増えている。前野教授は「患者ごとに異なるケアマネジャーや介護士など多くのスタッフと臨機応変にチームを組むため、医療技術だけでなく、ノンテクニカルスキルが重要になっている」と指摘する。

薬剤師の研修を手がける一般社団法人、薬学ゼミナール生涯学習センター(埼玉県川越市)も17年、ノンテクニカルスキルの授業を始めた。

医療費抑制のため、複数の病院が出す薬を一元管理して過剰・重複投薬を減らす「かかりつけ薬剤師」が16年に制度化されたことが背景にある。かかりつけ薬剤師は危険な飲み合わせを防止するために医師に問い合わせしなければいけないことも多い。医学アカデミーの担当者は「高いノンテクニカルスキルがないと役割を果たせない」と話す。

重視する技術の一つがコンフリクトマネジメント(紛争対応)だ。医師が処方した薬に疑問を抱いたときに医師に問い合わせる場合に重要になる。医師と意見を衝突させずに、よりよい方向に導く方法を学ぶ。

人手不足の対策として導入する例もある。

群馬県は15年度、県立の4病院の看護師を対象にノンテクニカルスキルの研修を始めた。看護師の離職率が高まっていたことがきっかけだった。

注目記事
次のページ
事故防止が起源 航空や米軍の技術応用
今こそ始める学び特集