運動不足の私、ロコモかも 足腰の機能低下は40代から状態調べ、少しずつ鍛える

歩くとき周りの人に抜かれることが多くなったら、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)が始まっている可能性がある。体をうまく支えられず転倒しやすくなったり、骨折しやすくなったりし、要介護状態につながる恐れもある。移動機能の低下を防ぐため、入念な対策が欠かせない。

ロコモは筋肉や骨などの運動器の障害のため移動機能が低下した状態を指す。東京都内に住む高宮宏美さん(67)は12月上旬、北里大学北里研究所病院(東京・港)でロコモのチェックを受けた。股関節に痛みを覚えるなど移動機能低下に不安を感じたためだ。下肢筋力や歩幅の測定などをした結果、ロコモには当てはまらなかった。

ただ油断は禁物。放っておくと筋力は低下していく。同病院の新井雄司トレーナーは高宮さんに、予防のためスクワットなどのトレーニングを勧めた。

ロコモは、運動器自体の疾患や加齢による運動機能不全から起こり、程度によってロコモ度1(移動機能の低下が始まっている状態)と、ロコモ度2(進行している状態)に分けられる。NTT東日本関東病院(東京・品川)の大江隆史整形外科部長は、ロコモ度2になると「自立した生活ができなくなるリスクがある」と指摘する。

ロコモは高齢者に多いと思われがちだが、実は「40~50代から始まっている」(新潟大学医歯学総合病院整形外科長の遠藤直人教授)。特に「日ごろデスクワークが多く、体を使っていない人は要注意」(日本介護予防協会理事の式恵美子さん)だ。「気がつかないうちにロコモになっている」(大江整形外科部長)という例も多いという。

自分がロコモになっていないかを知るには、日本整形外科学会が公表している7項目のチェックリストが参考になる。該当する項目が1つでもあれば、整形外科などでロコモ度を測るテストを受けるのがいい。

ロコモだと判定されたらどうするか。ロコモ度1の場合は「少なくとも現状維持を目指し、筋肉や骨を強化する。少しずつ運動を習慣化する」(大江整形外科部長)。ロコモ度2と判定されたら、「脚や腰にしびれがある場合は整形外科を受診し、ない場合は運動を習慣化する」(同)。

骨粗しょう症、変形性関節症、変形性脊椎症など運動器疾患が発症している場合は薬物治療が必要になることもある。しかし、加齢や運動不足により移動機能が低下しているのであれば「運動でロコモを改善するのは可能」(北里研究所病院でロコモ外来を担当する金子博徳副院長)だ。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント