NIKKEIプラス1

生活習慣の見直しも重要。「適度な運動でふくらはぎの筋肉を使い、血液が心臓に戻る手助けをするとともに、下肢に過度な圧力をかけないために肥満の解消を」(広川氏)。長時間同じ姿勢を続けるときには、途中でマッサージや体操をするのも有効だ。

ただ、下肢静脈瘤で注意したいのは、セルフケアで症状改善できる疾病だからといって高をくくらないことだ。脚のむくみやだるさ、皮膚の炎症といった症状は重篤な病気でも起こる。例えば、脚の内部の静脈に血栓ができる「深部静脈血栓症」や、動脈硬化により心筋梗塞や脳梗塞の危険性が高い「下肢閉塞性動脈硬化症」、時に下肢切断にも至る「糖尿病性皮膚潰瘍」、脊髄が圧迫され痛みを伴う「脊柱管狭窄(きょうさく)症」などだ。

まずは、下肢にむくみなど違和感や、原因が分からない皮膚の炎症ができた段階で「エコー検査などしっかりした検査と診断を受けることが大切」と広川氏は強調する。

下肢には多様な病気の症状が現れることを踏まえ、最近は総合的に診る機運も高まっている。7月には「日本フットケア・足病医学会」が発足。田中氏が所属する順天堂医院でも4月に大学病院初の「足の疾患センター」を開設した。様々な診療科の専門家が集結し、円滑に必要な医療が提供できるようになっている。脚に違和感があって身近な医療機関を受診する場合でも、下肢の疾病について様々な可能性を聞くようにしたい。

下肢静脈瘤の診断を受けた後に、症状がつらい、皮膚炎がある、外見が気になるという場合は手術という手段もある。瘤のある静脈を抜き取る手術や血管内治療だ。

12月1日からは最新治療として、患部の血管内に生体用の「のり」を入れて塞ぐグルー治療が保険適用になる。広川氏によると「合併症が少ないのが特徴。これで下肢静脈瘤の治療はすべて保険での治療が可能になった」という。治療の選択肢も広がる中、しっかりした診断を受けて治療に臨みたい。

(ライター 武田京子)

[NIKKEIプラス1 2019年11月30日付]

「病気・医療」の記事一覧はこちら

日本の健康経営を推進するポータルサイト

健康経営優良法人認定制度における申請受付をはじめ、健康経営銘柄・健康経営優良法人認定企業の紹介、事例やデータ等を掲載。

>> 詳細はこちら