緑内障、障害出る前に治療 定期検査で神経の損傷把握

視神経の損傷が進むと緑内障になる可能性がある(写真はイメージ=PIXTA)
視神経の損傷が進むと緑内障になる可能性がある(写真はイメージ=PIXTA)

日本人の中途失明の原因として最も多い緑内障は視神経が傷み、徐々に視野が欠ける病気だ。最近では検査技術が進歩し、まだ視野に障害が出ていない人でも緑内障の早期の段階として「前視野緑内障」と捉える考え方が出てきた。神経の損傷は1度の検査では一過性の原因かどうか区別できない。焦らず正確な検査を定期的に受けて、症状の進行を見極めながら治療計画をたてることが重要だ。

東京都に住む30代男性のAさんはコンタクトレンズを処方してもらうため、近くの眼科医院を受診した。眼圧や眼底を調べた医師に「緑内障に似た特徴がある」と告げられ、視野の見え方や網膜の神経の状態も詳しく検査した。幸い視野が欠ける異常はなかったが、網膜の神経に損傷があり、一部が薄くなっていた。

医師からは「前視野緑内障かもしれない。治療が必要になる可能性がある」と説明を受けた。眼圧を下げて緑内障の進行を抑える点眼薬は服用を始めると一生続けなくてはならない。Aさんは「まだ30代なのに」と不安を抱え、治療を始めるべきか悩んでいる。

焦らず見極めて

東京大学の相原一教授は「眼圧が高くない場合、慌てる必要はない。1~2年間経過をみて、確かに前視野緑内障だと分かってから治療を始めても遅くない」と指摘する。少ない回数の検査では、治療が必要な状況なのか見極められないからだ。

緑内障は眼圧によって視神経が傷み、視野が欠けていく。眼圧は目の中の水分である房水(ぼうすい)によって調整され、眼球の形を保つ働きがある。だが、房水が目の外に排出されにくくなるなどして流れが滞ると眼圧が高くなり、視神経が圧迫されてしまう。

視神経は目の中の網膜に届いた光の情報を脳に伝えている。眼球の奥で視神経が集まり、折れ曲がって束になっている部分「視神経乳頭」の中央部には「陥凹(かんおう)」という少しくぼんだ形があり、緑内障患者では視神経の損傷によってくぼみが大きくなる。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
1~2年は観察
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント