実はよく見る風景 ロケで人気の中田島砂丘浜松・遠州灘沿い、「風紋」が幻想的

「風紋」を見るには強い風が吹いた翌日の朝がいい
「風紋」を見るには強い風が吹いた翌日の朝がいい

Mr.Children(ミスターチルドレン)、EXILE(エグザイル)、土屋アンナ、ACIDMAN(アシッドマン)。数多くの音楽家がミュージックビデオの撮影に使ってきたのが、浜松市南部の遠州灘沿いに広がる中田島砂丘だ。首都圏から比較的近い割に日本らしくない幻想的な風景が人気を集める。

中田島砂丘は天竜川河口の西側に位置し、広さは東西約4キロメートル、南北約600メートル。日本三大砂丘のひとつに数えられることもある。風が砂丘の表面につくる、波打つような独特の模様「風紋」が訪れる人に強い印象を与える。毎年5月の浜松まつり期間中には名物のたこ揚げが近くで行われ、多くの人でにぎわう。

初夏から秋にかけてはアカウミガメが産卵のために上陸し、その光景を見に来る観光客も多い。アカウミガメの保護に取り組む団体、サンクチュアリNPO(浜松市)が中心となって卵を保護し、ふ化場に移す。ふ化した子ガメは地元の子どもたちが海に放流する。

2011年には宇宙航空研究開発機構(JAXA)が月面探査ロボットの試作機の走行実験を実施した。月面の砂地はやわらかく、車輪が埋まってしまうおそれがある。砂丘の急斜面をクレーターが点在する月面に見立て、埋もれずに走り続けられるかどうかの試験場としてうってつけだった。

浜松市は15年に映画やドラマの撮影誘致を担当する「フィルムコミッション推進室」を新設するなど、市内各所をロケ地として売り出している。その中で最も人気なのが中田島砂丘だ。鳥取砂丘ほど広くはないが、東名高速道路を使えば首都圏からアクセスしやすく、雨がほとんど降らないのも撮影に好都合だ。

ミュージックビデオのほか、サントリービールやグーグルなどのCMにも使われている。福山雅治さんが砂丘でマヨネーズを使った料理を食べる食品会社のCMも話題になった。

その会社の公式サイトでは「浮遊感をテーマに作りました。地球のどこでしょうか、不思議な空間」と紹介しており、映像は日本ではないような異国情緒を醸し出す。

映画やサスペンスもののテレビドラマ、旅番組などのロケ地としても頻繁に登場している。知らず知らずのうちに目にしている機会も多いかもしれない。

▼中田島砂丘(浜松市南区中田島町) JR浜松駅から「中田島」行き遠鉄バスで約20分、「中田島砂丘」下車すぐ。東名高速道路浜松インターチェンジ(IC)から車で約20分。終日開放しており、入場無料。

(新井悠真)

五感を豊かにする旅紀行を読む