熱・のどの痛み… 扁桃炎、風邪と勘違いに注意を悪化すると手術必要

発熱やのどの痛みがあり、夏風邪だと思い市販の風邪薬を飲んだが、治りが悪い。こんな場合、のどの入り口付近の扁桃(へんとう)が炎症を起こした「扁桃炎」かもしれない。慢性化し何度も繰り返す人もいる。悪化するとうみが広がり手術が必要になったり、腎炎などの引き金になったりすることもある。軽く見ないで早めの治療が大切だ。

■炎症でうみ広がる

50歳の男性Aさんは微熱、のどや首の痛みに悩まされ、近くの医院などを受診した。しかし、手のしびれやうまく歩けないなどの症状も出て、順天堂大学医学部付属順天堂医院を受診。検査するとうみが食道の周辺や胸部などにたまり、脊椎も炎症を起こして化膿(かのう)していた。緊急手術でうみを取り除いたが、手足にまひが残り、リハビリ治療を続けた。

順天堂大の三輪正人准教授は「扁桃炎によるうみが原因」とみる。まず、扁桃の周囲にまで、うみが広がる扁桃周囲膿瘍(のうよう)を起こし、さらに「うみが重力によって下へ落ち、扁桃床と呼ばれる部分を突き破って食道周辺や胸部に広がった」と話す。扁桃炎で考えられる最悪のシナリオに近い。Aさんとは別だが、まったく離れた腎臓にまで細菌の影響が及び腎炎を起こすケースもあるという。

扁桃は体の免疫力をつくり、鼻や口から細菌が気管や肺に侵入するのを防ぐリンパ組織が集まっている。普段、扁桃と呼ぶのは、このうち口の奥の左右両側にある口蓋(こうがい)扁桃という部分だ。細かな溝がたくさんあるために細菌の巣になりやすく、疲れやストレスなどで抵抗力が弱ると感染を広げ、炎症を引き起こしてしまう。

うみがたまり口内炎のような白いぶつぶつがたくさんできる。悪化すれば痛みのために、食べたり飲んだりしづらくなる。乳児がかかれば乳を飲めなくなり、栄養をとれずに体力が衰える危険もある。

細菌の種類は黄色ブドウ球菌、溶連菌など様々。軽いうちなら抗生物質の投与で、1週間もあれば治る例が多い。内服薬で効果がなければ点滴をする。ウイルスが原因の扁桃炎は、抗生物質が効かないので、消炎剤などに頼る。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント