黄熱・デング熱・MERS… 海外での感染症に警戒蚊・動物・生水に注意を

サッカーワールドカップ(W杯)開催地ブラジルの一部で黄熱病やデング熱の危険、世界保健機関(WHO)が中東呼吸器症候群(MERS)を警戒――。日本国内にいると忘れがちだが、海外には感染症の危険地域が多い。出かける場合は甘く見ないで準備や現地での行動に注意しよう。

今月12日(日本時間13日)にW杯が開幕するブラジルは地域によって黄熱に感染する恐れがある。治療の特効薬がなく、ワクチンの予防接種が推奨されている。黄熱は熱帯アフリカと中南米の風土病で、発熱や悪寒、頭痛、吐き気などの症状がある。致死率が高く、5~10%といわれる。

■事前に情報チェック

W杯会場となる都市の一部は予防接種の推奨地域内にある。日本チームの1次リーグでは、24日の第3戦が開催されるクイアバが含まれる。接種して10日後から有効だが、早めの準備が必要。観戦で渡航する人は地域や時期に応じて必要な対応をすでにしていることだろう。

ブラジルはデング熱の危険地域でもある。5月には一部の都市でW杯期間中のリスクが比較的高いと予測する研究報告も英医学誌に発表された。これには14日の日本の第1戦の都市レシフェ、19日の第2戦のナタルが含まれる。

デング熱は発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛、発疹などの症状がある。特効薬も予防ワクチンもない。一部の患者は胸水や腹水、鼻や口、消化管からの出血などを起こすこともあるデング出血熱になる。致死率は1%以下といわれる。

現地ではまず「蚊に刺されないように注意することが大切だ」と川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は話す。黄熱もデング熱も人から人へはうつらず、蚊が媒介する。対策としては長袖、長ズボンなどを着て肌を出さないようにする。虫よけスプレーなども必須だという。

「熱が出ても解熱鎮痛剤のアスピリンを使わない」と岡部所長は注意する。アスピリンは血を固まりにくくする作用もあり、もしデング熱が原因の発熱だった場合、出血を助長する恐れがある。日本で日ごろアスピリンを使っている人は要注意だ。高熱や強い痛み、黄疸(おうだん)など重い症状が出たときは急いで現地の医療機関を受診することも大切という。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント