海外旅行、思わぬ感染症リスク 予防接種で身を守る

年末年始に海外旅行を計画している人や2月のソチ五輪(ロシア)、6月開幕のサッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会を現地で観戦する予定の人もいるだろう。海外では思わぬ感染症にかかるリスクがある。日本で予防接種をしておけば防げる例もあるので、大学や民間の病院などが設ける渡航者向けのトラベルクリニックなどを訪れて医師の助言に耳を傾けたい。

「日本人は海外旅行先での感染症などのリスクへの意識が足りない」。こう話すのは日本渡航医学会理事長を務める浜田篤郎・東京医科大学病院渡航者医療センター部長だ。海外に出発する前にかかりつけ医やトラベルクリニックに相談し対策を講ずるのは約2%。欧米の30~50%程度に比べるとかなり低い。

■ワクチン自己負担

予防用のワクチン接種に対する意識も低い。「同じ場所を以前に訪れた知人が大丈夫だったから、自分も接種しなくても平気だろうと思い込みがちだ」とザ・キング・クリニック(東京・渋谷)の近利雄院長は指摘する。

衛生状態が良い日本では忘れがちだが、海外では地域により様々な感染症が流行している。例えばW杯観戦でブラジル渡航を予定する人は「黄熱とA型肝炎、破傷風などのワクチンを接種したほうがよい」(浜田部長)。

黄熱ウイルスを持つ蚊に刺されてうつり、死亡するケースもある黄熱病は南米やアフリカで感染リスクが高い。食べ物で感染するA型肝炎も同様で、滞在期間にかかわらずワクチン接種が勧められる。

破傷風菌は世界中の土壌に分布しており、ケガをする危険はだれにでもある。「五輪観戦でロシアを訪れる人もワクチンを受けておけば安心につながる」(国立国際医療研究センター国際感染症センタートラベルクリニックの竹下望医師)。破傷風は国内でも1968年以降、定期接種の対象だが、効果は10年とされているため、追加で接種しておくとよいだろう。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント