バレンタイン直前 本格チョコをカンタン手作り

バレンタインデーに贈るチョコレートで頭を悩ます女性は多い。本格的な商品を恋人や女友達など多くの人に贈ると、お金がかかる。手作りでも材料選びや作り方のポイントを押さえれば、風味豊かな「大人チョコ」を作れる。初心者が実践できるチョコレート作りのコツをまとめた。

材料選び 質にこだわる

「初心者でも、コツさえつかめば本格的なチョコレートを作れます」。洋菓子研究家の加藤千恵さんはこう話す。加藤さんが東京・自由が丘のアトリエで開くチョコレートの講習会には、全国から受講生が集まる。

1月下旬の講習会に富山県から参加した田口睦子さん(35)は「今年こそ大人のチョコレートを作る」と胸を弾ませる。

チョコレートを溶かして型に入れるだけのものから、中に詰め物をするボンボンショコラまで2日間で13種類の作り方を習った。飾り付けのコツも教わり、どれも店で並ぶような出来上がりだ。

手作りをするなら、友人が驚くようなおいしいチョコレートを作りたい。「まずは材料のチョコレートの質にこだわって」と話すのは、製菓材料専門店を運営するクオカプランニング(徳島市)の松本岳子さんだ。

チョコレートはスイートやミルクなど、種類によって含まれる成分が異なる。包装紙に記された「カカオ分○○%」はカカオマスとカカオバターを合計した割合。カカオ分が高いほど良いというわけではなく「食べやすいのは60%程度のもの」と松本さんは薦める。

チョコレートはカカオ豆の産地や製法によって甘み、苦み、酸味のバランスが違う。店で試食をしたり、好みを店員に伝えたりして、イメージに近い材料を買おう。

ボンボンショコラはハードルが高いと思う人は、上質な材料を溶かして型に入れたり、オレンジピールなど砂糖に漬けた果物の一部にチョコレートを付けたりするだけでも、立派な贈り物になる。

出来上がったチョコレートを箱に詰めて完成した(東京・自由が丘の加藤千恵洋菓子教室)=写真 編集委員 葛西宇一郎
次のページ
金箔飾り大人っぽく