世界で変身したカップヌードル、食文化の縮図編集委員 小林明

前回、インド版「カップヌードル」を取り上げたところ、「ほかの国はどうなっているのか知りたい」という問い合わせを多数いただいた。そこで調べてみると、意外な事実が浮き彫りになった。

実は、日本の「カップヌードル」は日本市場以外では売っていないというのだ。つまり、海外版は現地の食文化に合わせて、例外なく独自の変化を遂げてきたというわけ。

日本版は日本市場に限定

「日本版を海外で試験販売してみたが、思うように売れなかった」というのがその理由らしい。やはり、時間をかけて培われた地域の食文化は簡単には変わらないのだ。そこで今回は「ローカライズ」のお手本とも言える「カップヌードル」が世界でどう変身してきたのか全体像をまとめてみることにした。世界の食文化の縮図が一覧できそうだ。

日清食品によると、海外版「カップヌードル」は現地法人ごとに製造しているという。つまり、商品群が上海とほぼ同じ広東を除くと、各地で1番の売れ筋商品が日本版を含めて全部で12種類あるという計算になる。それらを組み合わせたのが上の写真である。風味はもちろん、パッケージのデザインや容器の形状などまで細かく違うことがわかる。

発売された順番に並べてみると、日本(1971年)→米国(73年)→ブラジル(83年)→香港(86年)→インド(91年)→シンガポール(92年)→ドイツ(EU・93年)→タイ(94年)→インドネシア(95年)→フィリピン(96年)→上海(98年)→メキシコ(2000年)となる(広東版は1995年に発売)。

日本→単数形 海外→複数形

日本では「カップヌードル」、海外では「カップヌードルズ」(上が日本版、下が米国版)

ここで豆知識をひとつ――。

日本では「カップヌードル(CUP NOODLE)」という商品名で知られているが、海外では「カップヌードルズ(CUP NOODLES)」という名称に変化しているのにお気づきだろうか。日本は単数形、海外は複数形と名称が違うのだ。

これは最初に「カップヌードル」という商品名で売り出し、日本で定着したものの、米国で売り出す段階になって、名称を複数形にしないと意味が通じないことに気が付いたためだという。「ヌードル」では「1本の麺」という意味になってしまうらしい。

そこで、海外で販売する商品は英語圏以外でも「カップヌードルズ」という複数形の名称に統一することにしたのだという(米国では当初、CUP OF NOODLESを意味する「CUP O’NOODLES」と表記していた)。

エンタメ!連載記事一覧