汗は臭くない においの意外なメカニズム編集委員 小林明

いよいよ夏本番。体臭が気になる季節の到来だ。周囲の人を不快にさせてしまう嫌なニオイを抑えるにはどうしたらよいのだろうか――。汗から体臭が発生するメカニズムを調べてみると、不思議な事実が浮き彫りになってくる。

今回は、体臭に関する基礎知識を紹介しよう。

「実は分泌したばかりの汗はほとんど無臭。たんぱく質や皮脂、汚れなどが混ざった汗を細菌が分解して、初めてニオイが発生するんです」。花王の香料開発研究所の矢吹雅之・主任研究員がこう教えてくれた。

そもそも汗腺(図1)は、体温調節のための汗をかくエクリン汗腺と、ワキガなどの体臭のもとになる物質を分泌するアポクリン汗腺に分かれる。

エクリン汗腺から出る汗は水分が99%以上で、無色透明のサラサラした液体。一方のアポクリン汗腺から出る汗はたんぱく質や脂質などを多く含んだ乳白色のトロッとした液体。互いに成分が大きく異なる。

「このアポクリン汗腺から出る汗の方がよりニオイを発生させやすい」。矢吹さんはこう指摘する。ニオイのもととなるたんぱく質や脂質などを多く含んでいるためだ。つまり、嫌な体臭を抑えるには、アポクリン汗腺から出る汗を集中的にケアする必要があるというわけ。

ではアポクリン汗腺は体のどこにあるのだろうか?

分布を調べると、不思議な法則が読み取れる。

どういうわけか、身体でも毛が多くはえている部分に多く分布する傾向があるというのだ。