N
健康・医療
健康づくり

深夜に目が覚める「中途覚醒」 注意したい日中の眠気

2021/8/31

健康づくり

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

寝苦しい季節、深夜に目が覚める「中途覚醒」に悩む人は少なくない。入眠障害などと同じく不眠症の症状のひとつで、年齢を重ねると目立ってくる。朝までぐっすり眠るためにも、その原因や対処法を知っておこう。

不眠症には大きく4つのタイプがある。眠るまでに時間がかかる入眠障害、深夜に目が覚めてしまう中途覚醒、必要以上に早く目覚める早朝覚醒、眠った満足感がない熟眠障害だ。睡眠総合ケアクリニック代々木(東京・渋谷)の井上雄一理事長は「入眠障害は年代による差がそれほどないが、中途覚醒と早朝覚醒は高齢者が多い。年をとると睡眠が浅く、分断されやすくなる」と説明する。

実際に日本大学の調査では「週に3回以上、中途覚醒がある」と答えた40~50代の割合が13%だったのに対し、60代以上は21%だった。

年齢を重ねれば中途覚醒が増えるのは自然とはいえ、できれば減らしたい。対策の第一歩はやはり規則正しい生活だ。毎日同じ時刻に起き、同じ時刻に食事をする。井上理事長は「今は新型コロナウイルス禍でリモートワークが普及したこともあり、生活のリズムが乱れる人が増えている」と警鐘を鳴らす。オンとオフが曖昧になると、昼間にぼんやりする一方、夜によく眠れなくなるという。

杏林大学医学部精神神経科の中島亨兼担教授は「眠くなるまでは無理にベッドに入るべきではない。生活のリズムをつくるためにも朝は同じ時刻に起きるべきだが、寝る時刻にはあまりこだわらない方がよい」と助言する。

年齢を重ねると、睡眠時間は短くなる傾向がある。1日当たりの平均睡眠時間を調べた海外の研究によると、25歳は約7時間、40代に入ると6時間半前後、65歳では約6時間と、年代が上がるほど短くなっている。

環境の違いや個人差もあるため一概には言えないが、必要な睡眠時間は年齢とともに減るとされる。あまりにも長時間横になっていると、睡眠が浅くなり、中途覚醒が起きることもあるようだ。ベッドにいるのをまずは30分短くするといった手がある。

寝室の環境づくりにも心を配りたい。中島教授は「体温が上がることでも中途覚醒が起こりやすい」と指摘する。暑い夜にはエアコンを使って快適な気温を保ち、眠りを妨げる光や音といった刺激が入らないようにしたい。

注目記事