人生は最後に帳尻が合う

次なる夢。渋谷に新たな「聖地」を作る。

「業界発展にこの音楽ホールが必要です。やるなら渋谷でないと意味がありません」。17年春ごろ、バンダイナムコホールディングスの田口三昭社長に酒席で直談判しました。1000坪の目ぼしい土地も見つけて「ここしかないんです」とも。「渋谷プロジェクト」が始まりました。

心にあるのは夜の渋谷の光景でした。ライブハウスの渋谷eggmanから出てきた汗だくの若者と、NHKホール帰りの奥様方が公園通りを笑顔で歩いている。渋谷こそが音楽のシンボルになる街だと実感しました。

一方、最近は2000人規模のホールが足りません。数千人の会場を満員にするアニソンのアーティストが増えましたが、実際そこにたどり着くまでが大変。成功を夢見て汗を流す方々に歌う場所を作りたいのです。レコーディングスタジオも併設して、アニメ音楽だけでなく、あらゆるアーティストが巣立っていく場所です。

人生は最後に帳尻が合うと思っています。レイジーが解散した1980年代から約10年、ぼくは成果を出せないでずっとくすぶっていました。だから、ランティス創業後はがむしゃらに働いてきたのです。ただ、人生を振り返れば、その10年も含めて様々な局面で出会った人たちとの縁が、思いもしない形で仕事につながっている。不思議な感覚です。

渋谷プロジェクトは施設の詳細を含め検討中ですが、年齢的にぼくの最後の大仕事になるのではないかと思っています。会社を退職したら、ホールで楽器管理のスタッフに雇ってくれへんかな。

=この項おわり

[日経産業新聞 2018年8月23日付]

「仕事人秘録セレクション」は金曜更新です。


管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


商品企画・プロモーション・マーケティング基礎講座/日経ビジネススクール

マーケティングの基礎を学ぶ講座から、企画・戦略の立案に役立つ実践講座まで!

>> 講座一覧はこちら