できる男のスタンダード講座

商談相手とバーベキュー 真夏のスマートな服装とは? プレゼンスコンサルタント 丸山ゆ利絵

2019/7/22

■だからといっておしゃれ過ぎると失敗に?

参加者として飲み物を運んだり、片づけの手伝いをしたり、という作業くらいは想像しておいたほうがいい=PIXTA

「高級リネンのシャツと真っ白なパンツで決めていったら、同僚女性に『手伝う気は全く無い感じだね』とちょっぴりイヤミまじりに笑われた」という男性の話を聞いたことがあります。

確かに、きちんとしたいからといっておしゃれや高級感に徹し過ぎると、バーベキューという場面では少し場違いに感じられます。ホストがちゃんともてなしてくれると言っても、参加者として飲み物を運んだり、片づけの手伝いをしたり、という作業くらいは想像しておいたほうがいいですよね。それなのに、汚れては困ると服自身が言っているような格好では、周りも戸惑いそうです。

アウトドアであることも意識して、汚れが目立ちにくい色や、ウオッシャブル素材とわかるようなアイテムを選ぶ、それでいて清潔感のあるきれい目のスタイルにするのが必要です。難しいさじ加減となりますが、見え方と機能性の両立させることは、どんな場面でも必要なセンスです。ちゃんと悩んで経験値を増やしていきたいですね。

はだしだと家に上がるときにお宅の方が不潔感を感じ、失礼に思われる可能性がある=PIXTA

また、「素足でくるぶし見せ」はおしゃれなカジュアルスタイルとして好まれていますが、それも注意したいところです。日本家屋では、お手洗いを借りるときなどに靴を脱いでお宅に上がる、ということがあります。はだしだとお宅の方が不潔感を感じ、失礼に思われる可能性がありますので、ソックスをはくスタイルで行くことをおすすめします。

■こんな時はローファーやスリッポンが最適

脱ぎ履きしやすいローファーやスリッポンが最適=PIXTA

お手洗いを借りる他にも、日本家屋では靴を脱いだり履いたりしなくてはならない場面が多いものです。そのたびにひもを結びなおさなければならないような靴は不便が多いといえます。例えばスニーカーなどもカジュアルだからと安易に履いていくと面倒かもしれません。こんなときは脱ぎ履きやすいローファーやスリッポンが最適です。ただし脱ぎ履きしやすいからといってサンダルはやめてください。やはりカジュアルすぎます。

Latest