雨の日の快適コーデ、黒でまとめてインナーで色楽しむADAM ET ROPE'二子玉川ライズ店 池島渉さん

――とはいえ、レザーです。気にはならないですか。

「オールレザーのものだと気にはなるんですけど、スポーツサンダルライクなものであれば、カジュアル要素としてとらえて、多少雑に扱ってもいいのかなと個人的に思います。ブラックなので染みもあまり気にならないですしね」

アウター2万1060円(アダムエロペ)、Tシャツ9936円(アダムエロペ)、パンツ1万8360円(セラードアー)、シューズ1万5120円(セス)

■マウンテンパーカにはキレイめショーツ

――最後は一番リラックスしたコーディネートですね。

「アウターはマウンテンパーカです。雨の日の定番ですよね。そこに大人がはけるショーツとして、センタープレスの入ったスラックスのようなものを合わせました。シャツを合わせればもっとキレイにまとまるようなショーツです。今っぽいワイドなシルエットで、ほどよくトレンド感も加味しています」

――マウンテンパーカはアウトドアウエアの筆頭です。注意すべき点はなんでしょうか。

「例えば、ジョガーパンツなどのスポーティーなアイテムを合わせるのはNGです。できるだけ反対のテイストのものを合わせてあげてください」

「あと、今回はインナーにTシャツを合わせていますが、ここも注意。1例目のコーディネートに着用したコットンのTシャツだと途端にカジュアルに寄ってしまいます。できるだけ光沢感やハリ感のあるものを選んであげてください。おのずとバランスが取れます。これだとアウターを脱いでも大丈夫かと」

「実は袖に配されたポケットにはBluetooth(ブルートゥース)のイヤホンを入れています。イヤホンも防水仕様です」

――足元はスニーカーですね。「反対のテイストのもの」でなくていいのでしょうか。

「スニーカーとTシャツ、ショーツを同系色で統一しているのがポイントです。色を合わせて、落ち着きを見せる。スーツと同じ原理ですね。これならスニーカーを合わせても問題はなくなります」

※表示価格は税込み。

文:FACY編集部 溝口駿介(https://facy.jp/) 写真:加藤潤

「プロのコーデ」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019