エンタメ!

何でもランキング

通が選ぶ「取り寄せあんみつ」ランキング

2012/6/29

 汗ばむ季節に恋しくなるのがさっぱりとした和菓子、あんみつだ。インターネットや電話で取り寄せができる商品のうち、おすすめはどれか。和洋菓子に詳しい専門家に実際に食べてもらってランキングすると、個性豊かなあんみつが上位に並んだ。

1位 鹿乃子あんみつ(銀座鹿乃子) 東京都中央区 530ポイント
 豆菓子専門店のあんみつ。皮ごと潰して風味を引き出したつぶしあんの備中大納言をはじめ、虎豆や紫花豆、花白豆、赤エンドウ豆と、あんみつに使われている豆は全部で5種類。黒蜜は黒糖をメーンに和三盆糖、三温糖、ハチミツ、水あめ、ザラメの6種類を使ったさっぱりした味わい。寒天は国産テングサ100%。ぎゅうひは白玉粉と餅粉を練り合わせて蒸し上げた。発送は本州のみ。
 「しっかりと存在感のあるつぶしあんに、栗や豆がぜいたく。やわらかいぎゅうひもバランスがいい」(神谷千佳代さん)「豆はゴロゴロ、フルーツもたくさんで、夏のおやつにぴったり」(松井一恵さん)
 (1)1個472円(2)2日(3)03・3572・0013(本店)
2位 特製くず餅入りあんみつ(船橋屋) 東京都江東区 500ポイント
 くず餅の老舗。もっちりしたくず餅入りで、こしあんにはクコの実が2つ並ぶ。寒天は伊豆七島産など数種類のテングサを混ぜたもの。黒蜜はくず餅用の秘伝のもので、舟形の容器に好きなだけ使えるように、たっぷり入っている。沖縄産の黒糖の風味が濃厚で寒天にトロリとよく絡む。北海道、九州は発送日に制限がある。
 「くず餅入りでちょっとお得感がある。寒天もおいしく、豆の塩味も加減がよい」(太田美代さん)「なめらかでツヤのある濃いこしあんとのバランスがいい。黒蜜の味もしっかりし、最後まで薄まることなくいただける」(平岩理緒さん)
 (1)1個420円(2)3日(3)www.funabashiya.co.jp
3位 黒蜜あんみつ(心太の伊豆河童) 静岡県清水町 460ポイント
 ところてん専門店。あんみつに入っている角切りのところてんは、伊豆稲取の海女が手摘みでとったテングサを、富士山の伏流水である柿田川の湧水を使い、煮溶かして作る。独特の食感を楽しみながら、北海道産小豆による粒あんと沖縄産黒糖をたっぷり使った黒蜜でシンプルに味わう。酸っぱさを感じさせないリンゴ酸の保存液に浸したところてんは、日持ちも長い。
 「ところてんのツルツル感やコシがとてもいい」(村山らむねさん)「海藻の香りが強く、コリコリとした歯触りのところてんに力強い黒蜜の香りが映える。素材の持ち味が生かされた潔い味」(下井美奈子さん)
 (1)1個378円(2)30日(3)www.tokoroten.co.jp
4位 林屋あんみつ(京はやしや) 京都市 440ポイント
 茶葉を使ったスイーツの製造販売を手掛けている店。あんみつに使う抹茶は石臼ひきで、茶道で使うものと同じ。抹茶きな粉をまとったもっちりとした食感のわらびもちは存在感がある。北海道と九州は航空便で別料金がかかるほか、発送日に制限も。「抹茶を飲みながらあんみつを食べているよう」(鳥越美希さん)「抹茶の風味がしっかりしたゼリーはインパクトがある。あずきもふっくらしておいしい」(町田えり子さん)
(1)2個1050円(2)2日(3)www.kyo-hayashiya.com
5位 あんみつ(甘味処 川越 あかりや) 埼玉県川越市 350ポイント
 お汁粉なども扱う甘味処。大きめにカットしたところてんからは、ほのかに磯の香りがする。ぎゅうひは白玉粉を銅鍋で練り上げ、あんは黒蜜をかけることを考えて甘さ控えめに仕上げた。丸2日かけてつくった赤エンドウ豆がアクセント。まん丸の煮あんずもさわやか。発送から丸2日かかる地域は除く。「大きめの寒天は食べ応えがあり、テングサの風味がしっかりしている」(町田さん)「懐かしくて、ほっとするやさしい味」(松井さん)
 (1)6個2400円(2)3日(3)www.kawagoesansaku.com/akariya
6位 宇治抹茶あんみつ(伊藤久右衛門) 京都府宇治市 320ポイント
 京都で抹茶スイーツを扱う店。あんは丹波大納言の粒あん。石臼ひきの宇治抹茶をふんだんに使い、人気の抹茶ゼリーがたっぷり。濃厚な抹茶蜜が、もちっとした食感の白玉や癖のない寒天を引き立てる。発送は北海道や北東北、九州の一部は除く。月曜着は不可。「抹茶の風味がよく、苦みもほどよい。抹茶を楽しむデザートとして完成された味」(下井さん)「抹茶味が好きな人に喜ばれそう」(太田さん)
 (1)2個1470円(2)3日(3)www.itohkyuemon.co.jp
7位 あんみつ(みはし) 東京都台東区 300ポイント
 東京・上野に本店を構える甘味処。さらっとしたこしあんは北海道十勝産の小豆を銅釜でじっくり煮て作る。沖縄県八重山産の黒糖で時間をかけて作る蜜はさらりとしている。発送は沖縄を除く。「豆の塩加減がやや強く、ホクっとして存在感がある。なめらかでツヤのあるこしあんとバランスがいい」(平岩さん)「黒糖だけの黒蜜とは違う、淡い蜜が絶品。正統派のあんみつ」(原亜樹子さん)
 (1)6個2720円(2)3日(3)www.mihashi.co.jp
8位 こしあんみつ(寒天工房讃岐屋) 東京都新宿区 290ポイント
 生寒天専門店。静岡県の伊豆地域の4種類のテングサをブレンドして作る寒天は、コリコリとした食感と磯の香りが楽しめる。ぎゅうひは餅粉100%。5人分のセット商品は保存液に浸した状態で届き、賞味期限が1カ月と長い。「シンプルながら、バランスがよい。寒天のおいしさが際立っている」(原さん)
 (1)1個420円(2)6日(3)www.sanukiya.co.jp
9位 あんみつ(浅草いづ美) 東京都台東区 280ポイント
 東京・浅草の雷門近くの甘味処。寒天はテングサ100%を原料とし、コリコリとした食感で、パステルカラーのぎゅうひが涼やか。こしあんはなめらかで黒蜜との調和がとれている。割れないように炊き上げた十勝産の赤エンドウ豆が好評。北海道や九州などへの発送は応相談。「塩豆がたくさん入っていて、豆好きにはおすすめ」(平岩さん)
 (1)1個480円(2)2日(3)www.asakusa-izumi.co.jp
10位 生麩あんみつ(三昇堂小倉) 京都市 260ポイント
 生麩(ふ)餅が自慢の京都の和菓子店。白玉の代わりにヨモギとショウガ風味の生麩餅を入れたところ、あんみつが人気商品に。寒天は生菓子にも使う丹波寒天を使用。沖縄産の黒糖を使った黒蜜をかける。「生麩がもちもちでとてもおいしい」(鳥越さん)「小豆の粒の具合がほどよく、蜜とも相性がいい。寒天ののどごしもいい」(神谷さん)
 (1)1個399円(2)4日(3)www.sanshodo-ogura.co.jp

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL