モンハン「一狩り」750万人、eスポーツも戦場にカプコンの辻本春弘社長

――任天堂もカプコンも関西。双方とも据え置き型ゲーム機へのこだわりが強いですね。

「ともに商売人で、せっかく売れたものをどうしてたたまないといけないの、というのはあります。継続して遊んでもらう責任があるというか」

――本社を東京へ移転する考えはありますか。

「一度もないですね。自社の開発ビルもあるし、社員も多くが周辺に住んでいます。もうカプコン村みたいな感じで。保育所や塾もあります」

(聞き手は中村直文)

辻本春弘
1987年(昭62年)大阪商業大商経卒、カプコン入社。97年取締役、06年副社長。07年から現職。趣味はロードバイク。大阪府出身。53歳。
ソフトの海外比率上昇
カプコンの2018年3月期の売上高は前期比7%増の930億円、営業利益は6%増の145億円になる見通しだ。欧米で人気のソフト投入で、ソフトの海外売り上げ本数比率も74%に高まる。
カプコンは業界に先駆けて海外市場を開拓。1994年には格闘ゲーム「ストリートファイター」のハリウッド映画を公開した。ゲームでは17年1月に「バイオハザード」シリーズの新作を発売。順調に世界販売を広げるモンハン効果で好業績への期待は高い。後れをとるスマホゲームで収益の幅を広げるのが課題だ。(上田志晃)

[日経MJ2018年3月26日付]

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


マネジメント層に必要な4つのスキルを鍛える講座/日経ビジネススクール

会社役員・経営幹部の方を対象とした、企業価値を高める経営の実務に役立つビジネス講座を厳選

>> 講座一覧はこちら

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら