powered by 大人のレストランガイド

大人のラム酒 一番搾りを長期熟成、割らずに香り堪能

ラム酒は不思議なお酒である。

日本ではラム酒というと「ダイキリ」や「モヒート」などのカクテルを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。あるいはお菓子の材料のラムレーズンか。左党にとっては「甘いものが好きな人のお酒でしょ?」というイメージで、あまり食指が動かないかもしれない。

一方で、ラム酒はワイルドな男の酒というイメージを持つ人もいる。映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」ではジョニー・デップ演じるジャック・スパロウはじめ海賊たちが水のごとく豪快にラム酒を飲むシーンがあったっけ(ラム酒のアルコール度数は40~75パーセントと高いのに)。この映画のヒットのおかげでラム酒は今世界的に消費量を伸ばしているといわれている。

ラム酒にライムと砂糖、ミントを入れたカクテル「モヒート」

このようにラム酒は「甘いカクテルに使われるお酒」と「海賊がガブ飲みする安酒」という両極端な「顔」を併せ持つ。

が、私は最近、さらにもう一つのラム酒の「顔」を知って、その奥深き世界にすっかり魅了されてしまった。

きっかけはスペイン語の短期留学で訪れた中米グアテマラ。ラム酒は西インド諸島が発祥といわれているが、カリブ海に面する中米もラム酒の一大産地。その理由は原材料であるサトウキビを栽培するのに適した気候であることが大きい。

ここに来る前、グアテマラ駐在経験のあるビジネスマンからこんなふうに言われた。「グアテマラには『サカパ・センテナリオ(Zacapa Centenario)』という最高級のロン(スペイン語でラム酒のこと)がありますよ。ぜひ楽しんできてください」

ラムは海賊の酒?

酒はその酒がつくられる国で飲むのが一番うまい。やはり気候や料理がその酒を飲むのに適しているからだろう。首都グアテマラシティから車で約1時間、語学学校が多い街として知られるアンティグアの街に到着するなり、私はさっそくラム酒専門のバーに足を運んだ。

サカパは首都グアテマラシティから北東約150キロにある街で、この街の生誕100周年を記念して作られた特別なラム酒だとバーテンダーが教えてくれた。なるほど「Centenario」は「100年祭」「100周年」を意味するスペイン語である。

サカパ・センテナリオは「23年」と「XO」の2種類があった。XOなんて最高級のコニャック(フランスのコニャック地方でつくられるブランデー)みたい! ラム酒はサトウキビで作った原酒を蒸留した後、樽に入れて熟成させる。「23年」は熟成期間23年の原酒を中心に「XO」は25年以上熟成させた原酒を中心にブレンドしたラム酒らしい。どれほど円熟味のあるラム酒なのだろうと期待が高まる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド