powered by 大人のレストランガイド

塩そうめんに塩豆腐 残暑に負けない夏の塩味グルメ魅惑のソルトワールド(5)

8月もいよいよ終盤。長雨に見舞われた関東でもようやく暑さが戻ってきました。夏は暑くなくっちゃと思いつつも、暑くなればなったであまり食欲も出ず、あっさりした食べ物や、汗で失った塩分を取り戻そうと、しょっぱいものが食べたくなりがち。

今回は、そんな体調の時にぴったりな、塩を使ったおいしい夏の新定番メニューをご紹介します。

ブームの予感「塩そうめん」

多彩な塩とそうめんの組み合わせ

アレンジレシピ本が出版されたり、そうめん研究家が連日テレビや雑誌に登場したりと、今年なにかと話題なのが「そうめん」です。

素早く茹でられ、喉ごしがよいそうめんは夏の定番メニューですが、ただめんつゆにつけて食べるのではなく、トマトソースやジェノベーゼソース、パクチーなどのエスニックなハーブなどを活用した新しい食べ方がどんどん提案されています。その中でも特におすすめしたいのが、「塩そうめん」です。

作り方はいたってシンプル。

そうめんを少しだけ固めに茹でて、氷水で締めてからしっかりと水気を切ります。そこに、青い草の香りがするフレッシュなオリーブオイルとお好みの塩をまわしかけ、全体によく混ざるように和えます。同じく冷やしたお皿に盛り付けたら、完成です。

オリーブオイルと好みの塩だけでシンプルに

「塩そうめん」におすすめの塩は、オイルにまけない少し強めのしょっぱさがあり、同時にうまみや甘味も感じられる塩です。そうめんにしっかり馴染ませたいので、結晶の堅い岩塩よりは、結晶の結合が緩やかで溶けやすい釜炊きの塩が良く、また、粒ができるだけ小さいものを選びます。

嗜好は人によって異なるので、どれを最高とするかは難しい問題ですが、今回は私が塩そうめんにおすすめする2つの塩をご紹介します。

石川県珠洲市産の「大谷塩」

1つめは、石川県珠洲市産の「大谷塩」です。

江戸時代から続く「揚げ浜式塩田製法」を採用する塩田が多く存在することで有名な塩の名産地であるこの地で、浜士の中前賢一さんの手によって生み出される海水塩です。抜群に濃厚なあとひくコクが特徴で、塩でありながら、上質な発酵バターを食べたあとのような風味が口の中に残ります。

塩そうめんに使うと、うまみが増して、少しこってりとした仕上がりになります。少しだけ粒が大きいので、ミルで細かく挽くのがおすすめです。

長崎県雲仙市小浜町産の「スイーツソルト」

2つめは、長崎県雲仙市小浜町産の「スイーツソルト」です。

親子2代の二人三脚で、この地に湧く高温の食塩を含んだ温泉水と海水を原料に製塩を行っています。100℃を超える温泉水の熱を利用して、湯煎をしながらじっくりと熱を加えて濃縮していく製法で、二酸化炭素の排出もほとんどなく、環境への配慮も万全です。

適度なしょっぱさと強めのミネラル感が特徴で、カルシウムを多く含むことから、上品な甘さを感じます。前述の「大谷塩」と比べると、あっさりとした仕上がりになります。

次のページ
まるでモッツァレラチーズ?「塩豆腐」
メールマガジン登録
大人のレストランガイド