powered by 大人のレストランガイド

アイリッシュウイスキーの栄枯盛衰 時代に弄ばれた酒世界5大ウイスキーの一角・ジャパニーズ(5)

PIXTA
PIXTA

「1779年、アイルランドの免許登録蒸溜所の数は1,228カ所に上った。そして、大都市に集中し、大規模化していった」と前回書いた。直感的にちょっと多過ぎるのではないかと疑問に感じた方もいらしただろう。評価が高まる国産ウイスキーへと至るウイスキーの歴史と魅力をひもとく本連載、今回もアイリッシュの物語から……。

アイルランドでは、人口の大部分を占める小作人や貧農はこぞって密造ウイスキーを作ってきた。「ポティーン」と呼ばれてきた。大英帝国に、そして地主にも苦しめられてきたアイルランドの農民たちがささやかな安らぎを得たのが、癒しの力を持つと信じられていたこのポティーンであった。

ポティーンとはゲール語で「小さな蒸溜釜」の意味だ。それが蒸溜液そのものを指すようになった。発酵液を蒸溜して作るが、原料は穀類、乳清、砂糖大根、廃糖蜜、ジャガイモ、リンゴなどであったので、ウイスキーよりスピリッツと呼んだ方がよいかもしれない。

ポティーンづくりに使われたのと同じ銅製蒸溜釜と冷却桶=PIXTA

今、アイルランドではたくさんのポティーン製品が売られている。私が試飲したポティーンの味は、ウイスキーよりむしろ泡盛の新酒のような感じであった。

この1,228カ所にはポティーンを作る小規模なものも入っていたと思われる。

ところが、1790年には登録蒸溜所の数は246カ所に激減する。酒税法が変わったからだ。蒸溜時間や操業日に算出基準を設けて、その基準と蒸溜釜の大きさを掛け算して蒸溜能力を算出する。そして、作っても作らなくてもこの仮定の蒸溜能力に対して課税されるようになったのだ。

このように酒税法が不利に働いた業者が密造に走るのは世界共通の現象である。

この法律が制定されたのは、アイルランドで飲まれるウイスキーの量が激増したためだ。

タブリンの中心地テンプルバーで、多くの人たちがウイスキーを飲んだ=PIXTA

飲酒動向に変化が起き始めたのは1770年ごろからだった。都市部で飲まれるポティーン、そしてウイスキーの量が増えていった。新たに飲み始めたのは、商業革命や産業革命の始まりとともに生まれた労働者階級であり、人口増加の中核でもあった。それまでアイリッシュウイスキーを飲んでいた階層、すなわち貴族や富裕層とは異なる階層である。

1770年の酒税収入内訳の筆頭はラムで51%、ウイスキー25%、ジンとブランデーがそれぞれ10%であったのが、1790年にはウイスキーは66%を占めるに至った。

急ピッチで消費量が増えるウイスキーへの課税は政府の喫緊の課題であった。制定されたのが冒頭の設備能力に課税する税制である。この制度が零細業者の地下への逃避を進めたが、そのマイナスを帳消しにしただけでなくプラスになったのは、大規模業者の蒸溜免許取得が進んだこと、そして生産拠点の大消費地への集中であった。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド