グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食の達人コラム

「塩ドリンク」で熱中症対策 レモンやミントで楽しむ 魅惑のソルトワールド(4)

2017/7/28

 関東では梅雨も明け、いよいよ本格的な夏の到来です。すでに気温30℃を超える地域が続出しており、今年も例年に続き猛暑が予想されています。この時期、ニュースを賑わせるのが「熱中症」。健やかに夏を乗り切るために、実は「塩」が大活躍するんです。

■熱中症対策に役立つ塩の働き

 汗をなめると「しょっぱい」と感じることからもわかるように、汗の中には塩分が含まれており、およそ0.2~0.5%くらいの濃度と言われています。平均気温が30℃近い場合は、室内では1日3リットル前後、外では1時間に500ミリリットル前後も汗をかくと言われており、汗と一緒に多くの塩分が体内から失われていきます。もちろん、運動をすれば短時間でさらに多くの塩分を排出することになります。

体調維持には塩分と水分が不可欠

 人間の体内には約0.9%の濃度で塩分が溶け込んでおり、これが適切に保たれないと正常な生命維持活動が行えません。つまり、汗をたくさんかいた時に水分だけを補給し続けると、体内の塩分濃度が極度に薄まり、危機を感じた身体が体内のミネラルのバランスを保とうとして、入ってきた水分をそのまま尿や汗として排出してしまうため、ミネラルバランスは改善されません。こうして体内のミネラルバランスの崩れが長く続くと、熱中症にかかりやすくなってしまいます。

 特に、筋肉の痛みや痙攣が起きる「熱けいれん」や、体温の上昇や頭痛・吐き気や虚脱感が起きる「熱疲労」は、大量の発汗による体内の塩分量の低下によって引き起こされるため、十分な水分と塩分の補給によって、対策をすることができます。

■塩あめは熱中症対策に有効?

塩あめ

 夏になると、スーパーマーケットやコンビニエンスストアの店頭に並ぶ「塩あめ」の種類が爆発的に増えることにお気づきでしょうか? ここ数年でその傾向はさらに強くなり、「塩あめ」だけでなく「塩グミ」や「塩ガム」も登場しています。使われる塩も、岩塩や海水塩、湖塩など多種多様です。

 さて、一大ブームとも言えるこの「塩あめ」。果たして熱中症対策に効果はあるのでしょうか?

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL